今年はチュ・ジフンの年…チュ・ジフン、「アジアスターアワード」でアジアスター賞を受賞


俳優チュ・ジフンが釜山で2つのトロフィーを胸に抱いた。

チュ・ジフンは2018年の釜山国際映画祭の期間に行われた「第27回夫日映画賞」で助演男優賞を、「アジアスターアワード2018」でアジアスター賞を受賞し、演技力とスター性を認められた。

彼は去る5日、釜山海雲台グランドホテルで開かれた「アジアスターアワード2018」に参加し、アジアスター賞を受賞した。「アジアスターアワード2018」は第23回釜山国際映画祭が主催し、ファッション誌marie claireが主管し過去1年間、映画のために力を注いできた国内外の映画関係者のために用意された席だ。

チュ・ジフンは「今年もありがたいことに、いくつかの映画で観客の方々とお会いすることができた」とし「K-POP、韓国ドラマがアジアを越えて世界で脚光を浴びていて、力を発揮していると思う。韓国映画がそのバトンを受け継いでいってほしいという願いと希望を持っている。素敵な賞をいただき、感謝しています。今後も素敵な映画でお会いしたいと思います」と受賞所感を伝えた。

彼は昨年の冬に公開され、1440万人の観客を動員した映画『神と共に -罪と罰-』で大勢の俳優になり今年の夏、『神と共に -因と縁-』でも1000万人の観客を動員し「ダブル1000万俳優」になった。続いて、ユン・ジョンビン監督、ファン・ジョンミン、イ・ソンミン、チョ・ジヌンなどベテラン俳優たちと一緒に映画『工作』で第71回カンヌ国際映画祭の「ミッドナイトスクリーニング」部門に公式招請されてカンヌのレッドカーペットを踏んだ。このように多様な作品の中、異なるキャラクターを演じたチュ・ジフンの活躍がチュ・ジフンを「アジアスターアワード2018」のアジアスター賞に導いた。

去る10日、累積観客数219万人を記録し、ボックスオフィスで1位になった映画『暗数殺人』でチュ・ジフンは再び果敢な変身に成功して注目を浴びている。連続殺人犯の役を引き受け、怒りで理性を失って暴走する姿、冷徹で乱暴に刑事を思いのままに翻弄する姿など、磨きがかかった演技力で劇的な感情の起伏を描き出して観客と評論家の称賛を得ている。

今年はまさにチュ・ジフンの年だ。さらに、チュ・ジフンは国内初のネットフリックスのオリジナルドラマ『キングダム』の公開を控えているだけでなく、来年1月に放送されるMBCドラマ『アイテム』の撮影の真っ最中だ。このように、2018年の勢いが2019年も続くと見られ、彼の今後に注目が集まる。
  • シックニュース チェ・ジョンウン記者 / 写真=キーイースト提供
  • 入力 2018-10-11 14:03:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved