「YG戦略資料本部」で中国を侮辱? ヤン・ヒョンソク代表SNSに謝罪要求が続々


NetflixとYGエンターテイメントが制作するバラエティ番組『YG戦略資料本部』が中国を侮辱したと物議をかもしているなかで、中国のネットユーザーが怒りを爆発させている。

11日、中国新浪娯楽は韓国のバラエティ番組『YG戦略資料本部』が中国の地図を誤って使用し、中国を侮辱する内容を描いたと報じた。

報道によると5日にNetflixを介して公開された『YG戦略資料本部』で所属歌手のジヌが中国ヒップホップ市場を攻略するという内容と共に登場した地図には中国東南沿海地域が抜けている。また、清朝時代の伝統衣装を着た韓国人の警備員が中国公安に捕まると、中国語で「私は豚だ」と叫ぶ部分も含まれている。

新浪娯楽はこれを「露骨な侮辱」と表現した。

報道がなされると中国のネットユーザーたちは、これを中国の代表的なSNSであるウェイボーにシェアして怒り、さらにはYGエンターテイメントのトップであるヤン・ヒョンソク代表のインスタグラムにコメントを書き込んで謝罪を要求している。

中国のネットユーザーたちは「中国に謝罪しに来い」、「中国に謝罪しろ」、「YGファンだけど、とても腹が立つ」、「あなたの番組『YG戦略資料本部』が中国のファンを怒らせた」、「中国事業をあきらめたくないなら何とでも言ってみろ」、「中国の人のお金を稼ぎながら、このようなことをするのか」、「中国にYGアーティストを連れて来ないで」などのコメントで不快感を表現した。

『YG戦略資料本部』は避けたい部署ナンバー1のYG戦略資料本部へと左遷されたV.Iが危機のYGエンターテイメントを復活させて再び会長の懐に戻るために努力する姿を描いたシチュエーションコメディで、YGエンターテイメントとオンラインエンターテイメント企業のNetflixが共同で制作している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ウジュ インターン記者 / 写真=ウェイボー
  • 入力 2018-10-11 16:42:07.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved