JYPエンタ、GOT7の過激な追っかけファンに警告「プライバシーの侵害には法的処置」


グループGOT7側がサセンファンに法的対応を予告した。

JYPエンターテイメント(以下、JYPエンタ)は8日、GOT7の公式ホームページを通じて、アーティストの権利侵害対応と関連した立場を掲載、GOT7のサセンファンに警告した。

JYPエンタ側は「所属アーティストのプライバシーを侵害する違法な行為や名誉と人格を毀損する行為全般について利用可能な法的手続きを確認して、断固として対応するという方針を持って、アーティストの法的保護を続けている」と明らかにした。

続いてアーティストのプライバシーを侵害する行為が根絶されない実状を指摘し、「オンライン上の複数の違法行為によるGOT7のプライバシーと人格権を侵害する行為について、刑法と軽犯罪処罰法などに基づき、善処なくすべての可能な法的措置を取ることお知らせする」と強硬対応を予告した。

また「自社モニタリングとファンの方々の情報提供を通じて違法行為を継続的に確認している」とし「今後もオン・オフライン上でGOT7のプライバシーと権利侵害が発生した場合には情報提供をお願いしたい」とファンたちの情報提供を呼びかけた。

最後にJYPエンタ側は「一部の無秩序、誤った違法行為に起因してアーティストだけでなくGOT7を愛してくださる多くのファンの方々に迷惑をかけないように最善を尽くしたい」と付け加えた。

GOT7は、一部のサセンファンによるプライバシーの侵害被害を訴えてきた。特に1日、GOT7のメンバーヨンジェはインスタグラムを介して自分の番号を調べて一方的に連絡をしてくる一部のサセンファンに向けて苦痛を訴え、「我慢するにも限界がある。私のインスタグラムがメッセージで埋まらないようにしてほしい」と警告のメッセージを送っていた。

こんにちは。 JYPEです。

当社は所属アーティストのプライバシーを侵害する違法な行為や名誉と人格を毀損する行為全般について利用可能な法的手続きを確認して、断固として対応するという方針を持って、アーティストの法的保護を続けています。それにもかかわらず、アーティストのプライバシーを侵害する行為が根絶されていません。

特に、オンライン上でアーティスト本人をはじめ、アーティストの家族の

- 個人情報を調べて、違法に取引する行為

- 個人情報を調べて、継続的に連絡をとる行為

- 個人情報をオンラインで違法に流布する行為

- 私生活と肖像権を侵害する写真などをオンラインで違法に流布する行為

- SNSをハッキングしたり、ハッキングを試みる行為等

上記のような違法行為によりGOT7のプライベートと人格権を侵害する行為について刑法と軽犯罪処罰法などに基づき、善処なくすべての可能な法的措置をとることをお知らせします。

当社は独自のモニタリングとファンの方々の情報提供を通じて違法行為の書き込み/画像/映像などを継続的に確認しています。

今後もオン・オフライン上でGOT7のプライバシーと権利侵害が発生した場合は情報提供をお願いします。一部の無秩序で誤った違法行為によりアーティストだけでなく、GOT7を愛してくださる多くのファンの方々に迷惑をかけないように最善を尽くします。ありがとうございます。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チェ・ジウォン インターン記者
  • 入力 2018-11-08 17:01:41.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved