ホン・ジョンヒョン「軍入隊時期は未定、『絶対彼氏』が最後の作品かも」


俳優ホン・ジョンヒョンが軍入隊を控えて所感を明らかにした。

15日午後、ソウル市陽川区木洞SBSでSBSの新しい水木ドラマ『絶対彼氏』(脚本ヤン・ヒョクムン、チャン・アミ、演出チョン・ジョンファ)の制作発表会が開かれた。俳優ヨ・ジング、ミナ、ホン・ジョンヒョン、チェ・ソンウォン、ホン・ソヨンなどが参加した。

ホン・ジョンヒョンは、実は傷つきやすい傲慢なトップスターのマ・ワンジュン役を演じる。

ホン・ジョンヒョンは「前作が時代劇だったので、現代劇への渇きがあった」とし「マ・ワンジュンが変化する姿が気に入って作品への出演を決定した」と明らかにした。

続いてホン・ジョンヒョンは、軍入隊と関連して「まだ正確な時期は決まっていないためはっきりとは申し上げられない。作品でお目にかかるのはこの作品が最後になりそうだ」と明らかにした。

『絶対彼氏』は同名の漫画を原作にするドラマで、恋の傷により冷たい鋼のような心になってしまった特殊メイクアップアーティスト(ミナ)と熱いピンクの心臓を持つ恋人フィギュアのゼロナイン(ヨ・ジング)が繰り広げる甘く爽快なロマンスドラマだ。

一方『絶対彼氏』は韓国で5月15日水曜日の午後10時に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=カン・ヨングク記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-05-15 15:08:12.0