コ・ウォニ、整形の噂に言及「事実は事実、ドラマに迷惑かけたくない」


ドラマ『パフューム』に出演中のコ・ウォニが整形の噂に対する考えを明らかにした。

24日午後、ソウル市汝矣島にあるKBSクッキングスタジオではKBS2の月火ドラマ『パフューム』(脚本チェ・ヒョンオク、演出キム・サンフィ)の記者懇談会が開かれた。俳優シン・ソンロクとコ・ウォニが参加した。

コ・ウォニは「40代と20代を行き来する感情表現は私が結婚して子供を産んだことがないため、似ている感情を引き出そうとした」と話を切り出した。

続いて「妹と歳が離れている。下の妹は12歳差だ。両親が共働きをしているため母親のように妹の世話をしたので、そんなところから感情を引き出した。ジンギョンという子が下の妹と似ている。大きな幸運だと考えている」と説明した。

また、コ・ウォニは整形説について言及した。彼女は「そこまで大きく気にしなかった。事実は事実だ。逆にドラマに迷惑をかけるのではと心配だった。そんな噂が出ないように演技でお見せたい」と付け加えた。

『パフューム』は、創造的に病んでしまった天才デザイナーと地獄から帰ってきた怪しいファッションモデル、2人の男女に訪れた奇跡の「ファンタジーロマンス」を描く。毎週月火午後10時に韓国で放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2019-06-24 16:21:47