チソンが囚人服 「医師ヨハン」が初登場シーンのスチール公開


俳優チソンが白衣ではなく囚人服を着た姿が公開され、視線を集中させている。

来る19日午後10時に韓国で放送されるSBSの新しい金土ドラマ『医師ヨハン』(脚本キム・ジウン、演出チョ・スウォン、キム・ヨンファン)は謎の痛みの原因を探していく、疼痛医学の医師の話を描くヒューマンメディカルドラマだ。韓国で初めて疼痛医学の医師たちを取り扱う『医師ヨハン』は、『君の声が聞こえる』、『ピノキオ』、『30だけど17です』で感覚的な映像美と吸引力の高い演出力を披露したチョ・スウォン監督とキム・ジウン作家が『清潭洞アリス』以来、再会した。

特にチソンは『医師ヨハン』で麻酔・疼痛科の医師というマイナーなキャラクターを引き受けて『ニューハート』に次ぐ医師役を演じて期待を高めている。

劇中、チャ・ヨハンは患者が診療室のドアを開けて入って席に座るまでのたった10秒で把握が終わる「ドクター10秒」というニックネームを持つ、優れた実力の医師だ。

これと関連してチソンが真っ白な医師ガウンではなく、青い囚人服を着て刑務所に収監されている様子が公開されて注目を集めている。劇中、チャ・ヨハンが胸に囚人番号「6238」をつけて囚人服を着たままどこかを見つめている。果たして「ドクター10秒」と名声が高いチャ・ヨハンが病院ではなく刑務所で、医師のガウンではなく囚人服を着ている理由は何なのだろうか。

このシーンは4月、ソウル市西大門区一帯で撮影が行われた。何よりもこのシーンはチャ・ヨハンが刑務所に収監された姿で初登場する場面。非常に重要なシーンだっただけに、現場には緊張感が漂い、チョ・スウォン監督と真剣に意見を交わしてシーンの分析を重ねたチソンはシナリオに集中して感情をつかんだ。

続いて撮影が始まるとチソンは複雑で多端な感情が入り混じった、チャ・ヨハンの感情を眼差しですべて表現する演技力を披露した。眼差しと表情だけで現場を圧倒するチソンの演技がスタッフを静まり返らせたという。

制作陣は「『医師ヨハン』のチャ・ヨハンというキャラクターに、チソンではない他の俳優を全く思い浮かべることができないほどの完璧なシンクロ率を見せている」とし「最高の演技力から熱い情熱まですべてを持つ俳優チソンが描き出すチャ・ヨハンの話を見守ってほしい」と明らかにした。

一方、SBSの新しい金土ドラマ『医師ヨハン』は韓国で7月19日午後10時に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者 / 写真=SBS
  • 入力 2019-07-03 15:11:43