BTS、Forbes誌「世界で最も稼いだエンターテイナー」の43位に


グループ防弾少年団(BTS)が『Forbes』誌が選定した世界で最も多くの収益を出した有名人で43位を記録した。

米国経済専門誌『Forbes』は10日(現地時間)、「2019世界で最も多くの収益を出したエンターテイナー100人」(The Celebrity 100-The World's Highest- Paid Entertainers 2019)順位を発表した。

これによると防弾少年団は昨年、5700万ドル(約668億ウォン)を稼いだと集計され、俳優ブラッドリー・クーパーと共同で43位になった。

これはボーイバンドとK-POPのうちで最も高い順位だ。

防弾少年団は昨年、ワールドツアー「LOVE YOURSELF」を成功させ、現在スタジアムツアー「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF」を進めている。ツアーごとに具体的な収入は集計されていないが、今回のスタジアム公演の場合、米国の6都市基準で約4400万ドル(約515億ウォン)のチケット販売収益を上げたとビルボードの集計が発表されていた。

また、昨年公開されたドキュメンタリー映画『Burn the Stage:the Movie』と『BTS World Tour:Love Yourself in Seoul』の場合、韓国を除いた地域で、それぞれ1850万ドル(約216億ウォン)と1170万ドル(約136億ウォン)を稼いだ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-07-11 16:44:07.0