BTSジョングクの監視カメラ映像を流出させたカラオケ店員が送検


グループ防弾少年団(BTS)のジョングクの姿がおさめられた監視カメラの写真を流出させたカラオケ店の関係者が検察に送致された。

2日、警察などによると慶尚南道巨済警察署は個人情報保護法違反の疑いで巨済(コジェ)のカラオケ店関係者など2人を先月、起訴意見で検察に送致した。

彼らは去る9月に個人休暇の期間を過ごしていたジョングクがカラオケ店を訪問した時の姿がおさめられた監視カメラの写真などをオンライン上に無断で掲載した疑いを受けている。

この監視カメラの写真が流出したことにより、ジョングクは一般人の知人との熱愛説に包まれるなど困難な状況を迎えた。

これに対して所属事務所Big Hitエンターテインメント側は「当社はアーティストの長期休暇期間にもかかわらず、個人の日常が歪曲されて知られていることについて遺憾だ」というコメントを発表していた。

また、「監視カメラ映像の流出と違法な撮影などについて確認した後、個人情報の流出やプライバシーの侵害については強く法的に対応する」と強硬対応を予告した。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ノウル記者
  • 入力 2019-12-02 16:09:17