「VIP」9話 ピョ・イェジンとパク・ソングンの関係が明らかに

「VIP」9話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

去る2日に韓国で放送されたSBSの月火ドラマ『VIP』(脚本チャ・ヘウォン、演出イ・ジョンリム)9話の1部と2部はニールセンコリア基準、全国視聴率がそれぞれ8.3%、11.3%、首都圏視聴率がそれぞれ8.9%、12.3%を記録した。毎分最高視聴率は13.7%まで跳ね上がり、月火ドラマ不動の1位を独走している。

この日の放送ではナ・ジョンソン(チャン・ナラ)が心証だけで存在していた「あなたのチームの夫の女」の物的証拠を確保、パク・ソンジュン(イ・サンユン)とオン・ユリ(ピョ・イェジン)の関係を知りながら、予測不可能な展開を見せた。

またオン・ユリがハ・ジェウン(パク・ソングン)の婚外子だという事実が明らかになり驚きを誘った。

劇中、ナ・ジョンソンは「プライベートスキャンダル」と関連して口を開いたパク・ソンジュンに最後まで女性について知りたいと尋ねたが、パク・ソンジュンは答えの代わりに離婚しようと話を切り出した。これにナ・ジョンソンは10年間積み重ねてきた時間を壊そうとするパク・ソンジュンに事件が起きた瞬間から心に吹き荒れた苦しみを吐露し「すべてあなたの勝手に?ふざけないで。終わらせるかどうかは私が決定する」と怒りを爆発させた。

以後、パク・ソンジュンはハン・スクヨン(チョン・エリ)との食事の席で友達の話しだとして自分との状況を話すナ・ジョンソンと、傷は与えた分だけ戻ってくるという骨のある回答をするハン・スクヨンにより食事がのどを通らなかった。

また婚外子だと明らかになった後、記者の目を避けてホテルに潜伏していたオン・ユリを副社長に頼まれて別の場所に移動させたパク・ソンジュンはオン・ユリが「始めるべきではなかった。それならこんなに苦しまなかっただろうに」と本音を打ち明けると、重く複雑な気持ちになった。

一方、ナ・ジョンソンはオン・ユリとのミーティングに向かう途中、オン・ユリの母が危篤だという知らせに一緒に病院に向かった。そして、その場所で前回、パク・ソンジュンの書斎をあさったときに発見した医療費の明細書に記載された病院の名前とオン・ユリの母の名前が一致することを知った。

さらにナ・ジョンソンはパク・ソンジュンの車のブラックボックスまで確認するに至り、自分にすべてを打ち明けると約束した日、パク・ソンジュンがオン・ユリと一緒にいる姿を発見、「あなたのチームの夫の女」がオン・ユリであることを知って大きな怒りに包まれた。

これにナ・ジョンソンはパク・ソンジュンがマーケティング室のディレクターに昇進した日の朝、悲壮な決意でオフィスに一歩を踏み出しながら、オン・ユリに冷ややかな眼差しを向けた。そして頭の中で匿名のメッセージが到着した直後からパク・ソンジュンとオン・ユリの意味深な発言を思い出したナ・ジョンソンはオン・ユリの隣に立っていたパク・ソンジュンの前で歩みを止めた。

しかし、ナ・ジョンソンは感情を隠して明るく笑って見せ、パク・ソンジュンにお祝いの握手をした。瞬間、慌てたパク・ソンジュンとオン・ユリ、そして固まったの表情を緩めて微笑むナ・ジョンソンの姿がエンディングに流れ、すべての真実を知ったナ・ジョンソンが今後どのように変化するのかに関心が集まった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-12-03 08:53:23