AOAチャンミ「共有の家」で自炊生活公開 ジュンスも驚き「しっかりもの」


ガールグループAOAのチャンミがMBC『共有の家』で自炊中の自宅の公開とともに「共有が日常」になった理由を明らかにした。

来る11日に韓国で放送されるMBCのパイロット番組『共有の家』はスターたちが一軒の家に集まって生活し、自分のものを共有することで「共有経済」について感じてみるリアリティー番組だ。

チャンミは『共有の家』に入る前に母親とビデオ通話をして何を共有アイテムとして持って行くべきかアドバイスを求めた。チャンミの母はチャンミが子供の頃から既に共有ライフを経験してきた人だったからだ。

チャンミの母は厳しい家計の事情にもかかわらず、周囲の行き場のない学生が「最低限の線を超えないためには大人の助けが必要だ」という信念にもとずいて美容室を共有して休息所を提供して一緒に生活してきた。幼い頃から共有ライフを実践し、ガールグループの宿舎生活までして「共有が日常」だったチャンミの一人暮らしはYouTubeチャンネル「MBCドキュメンタリーハウス」などのSNSを通じて映像で確認することができる。

チャンミは共有の専門家らしく『共有の家』の撮影中、共有のヒントを伝授して、他の出演者を驚かせたという裏話。その姿にパク・ハナは「整理が上手だ」と賞賛し、キム・ジュンスは「しっかりものだ」と感心した。チャンミの活躍は放送を通じて公開される。

一方、『共有の家』は11日と12日の夜10時5分、2日連続で放送される。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ナヨン記者 / 写真=MBC
  • 入力 2019-12-06 15:23:45