「肺癌末期」キム・チョルミン、犬の駆虫薬治療の経過公開


肺がんで闘病中コメディアンのキム・チョルミンが犬の駆虫薬による治療を試みた後の健康診断の結果を公開した。

キム・チョルミンは6日、Facebookを介して「愛する皆さん!今日、検診の結果が出ました」と近況を知らせた。

彼は「肺、骨。昨年10月に検査したものと変わりがなく、血液検査、がん数値、肝数値、腎臓機能などは正常な数字だった」と説明した。

続いて「希望が見えるようだ」とし「再び心配と激励の声援に感謝する」と感謝を表した。

先立ってキム・チョルミンは肺癌末期の診断を受けた後、9月に「私には時間があまり残っていない」とし「冒険を一度やってみようと思う。皆さんが私に送ってくれた数十本の映像資料を私が一度試してみようと思う。たくさんの祈りと応援をお願いしたい」と犬の駆虫薬による治療を試みることを明らかにしていた。

以降、好転した健康状態を伝えてファンたちの応援を受けている。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ノウル記者 写真=キム・チョルミンフェイスブック
  • 入力 2019-12-06 15:14:35