ATEEZ、アリーナツアー開催地域ごとに連続の完売記録


グループATEEZがKPOP NEXT GENERATIONの威厳を立証した。

2月8と9日にソウルを始めとし、全世界15都市で開催されるATEEZの2020年ワールドツアー『ATEEZ World Tour The Fellowship:Map The Treasure』のチケットが続けて完売している。

今回のATEEZのアリーナツアーは、ワールドツアーを2~3か月後に控えた現在時点で、すでにロサンゼルス、ニューヨーク、ダラス、マドリード、アムステルダム、モスクワの6都市で完売を記録し、他の都市も全て全席完売が目前に迫っており、ATEEZというKPOP神聖に対する全世界のファンの熱狂的支持を示している。ATEEZ側はこのような全世界のファンの爆発的な反応に支えられ、より多くのファンに会おうと各都市別に可能な追加チケットをオープンすることにした。

  • 写真=KQエンターテインメント



特に、これはデビューから1年3か月後の単一ツアーで約10万人の観客を集客したという、KPOP歴史上のデビュー以来、最短期間内に最多ツアー集客記録と推定される結果であることはもちろん、北米、欧州国家で、現在ATEEZの地位がどの程度なのかを示す結果だ。

先立って、ATEEZはこの2019年2月にデビューから4か月後に初のワールドツアーである『The Expedition Tour』で全席完売と共に、海外ツアーの成功的な開始を知らせ、グローバルファンが熱狂する音楽スタイルとパフォーマンス、ミステリアスな世界観としてMTV、Grammy、Dazed、Forbesなど世界の様々なメディアからも注目されたことがある。

またATEEZは最近、ミニアルバム『TREASURE EPILOGUE:Action To Answer』でカムバックして米国とブラジル、カナダ、フランス、ドイツなど、計36か国のiTunes総合アルバムチャート1位、ビルボードソーシャル50チャート3位に輝き、KPOP NEXT GENERATIONであることを全世界のファンに再び証明して見せた。

全世界を舞台にして爆発的成長を続けているATEEZのワールドツアーは2月8、9日、ソウルオリンピックホールを始めとし3月に欧州の7都市、4月に日本の2都市、米国の5都市で開催される予定であり、より詳しい情報は公演企画プラットフォームスタートアップ「MyMusicTaste」の公式サイトやSNSチャンネルを通じて確認できる。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ ソン・ジナ記者
  • 入力 2020-01-14 13:52:12