「アブノーマル会談」100回記念にオリジナルメンバー出演…CROSS GENEタクヤも


『アブノーマル会談』の100回特集にオリジナルメンバーが総出動する。

30日に放送される『アブノーマル会談』100回では、オリジナルメンバーと現メンバーたちの出会いが実現する。

最近行われた収録では特別ゲストとして、オリジナルメンバーの7人(ロビン、ジュリアン、スーザン、イリヤ、ブレア、タクヤ、ジェームズ)がスタジオに招待された。

現在のメンバー(ギヨーム、ニコライ、ダニエル、セミ、サム、アンドレアス、アルベルト、チャン・ウィアン、カルロス、タイラー、プシェムスワブ)を含めて18人が収録に参加した。

メンバーたちはレッドカーペットを踏んで番組をスタートさせ、序盤からお互いの近況を伝えあうのに忙しかった。また、メンバーは、これまでお互いに伝えられなかった気持ちを告白した。

「メンバーの中で、ライバル意識を持っているメンバーがいるか」という質問に、ポーランド代表のプシェムスワブは、フランス代表のロビンを名指し、「ダンスの神であり王」のプライドをかけて火花散るダンスバトルを繰り広げた。

他にも放送出演後に180度変わったメンバー、感謝しているメンバーに、れまで伝えることのできなかった本音を告白する時間を持ったという裏話だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ジョンヨン記者
  • 入力 2016-05-30 11:16:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved