子役ホ・ジョンウン、パク・シニャン、オ・ジホ、パク・ボゴムの呼び方を整理

「オー・マイ・グムビ」 

子役俳優のホ・ジョンウンが明快に共演してきた俳優の呼び方を整理して、笑いを誘った。

ホ・ジョンウンは10日午後、永登浦タイムスクエアで開かれたKBS2水木ドラマ『オー・マイ・グムビ』の制作発表会で一緒に呼吸を合わせることになったオ・ジホに「よく教えてくれて、よく遊んでくでる、良いサムチョン(おじさん)」と明るく笑った。

先立って、ホ・ジョンウンはKBS2『町の弁護士チョ・ドゥルホ』でパク・シニャンの娘、『雲が描いた月明かり』でパク・ボゴムの妹として出演している。

ホ・ジョンウンはこれに対して、「パク・シニャンアジョシ(おじさん)は演技をよく教えてくれた。ボゴムオッパ(お兄さん)はよく世話をしてくれて、ジホサムチョンは演技もよく教えてくれて、よく遊んでくださる」と言って笑いを誘った。

一方、『オー・マイ・グムビ』は、児童認知症にかかった10歳の娘のユ・グムビ(ホ・ジョンウン扮)を世話しながら、ルーザーから本当の父親になっていくモ・フィチョル(オ・ジホ扮)の話を描くヒーリングドラマだ。

来る16日に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2016-11-10 15:09:17.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved