Block Bパクキョン、「恋愛経験談…恋をして久しいので見守らないと」


Block Bパクキョンが独り立ちした。Block Bメンバーとしてデビューしてから6年目にして初めて、ミニアルバムを通じて歌手として、またアーティストとして立ったもの。先立ってソロシングルを発表しているが、5曲が収まったミニアルバムで自分の持つ思いとカラーの濃度を濃く打ち出した。

パクキョンは去る18日0時、音楽サイトを通じてミニアルバム『NOTE BOOK』を公開した。『NOTE BOOK』にはタイトル曲『君の前で僕』と『残像』、シングルで公開された『普通の恋愛』、『自責の念』、『OgeulOgeul』の5曲が収録された。全曲パクキョンが作詞作曲とプロデューシングに参加した。

「ジコは最初に『音楽をすごく上手くやる』と言いました。以前には『お前の色がしっかり打ち出された』と言っていたのですが。ジェヒョはレストランで聞けば似合いそうだ、P.O.は『チャーリーとチョコレート工場』でチョコに浸かって死ぬ感じだと話していました。テイル兄さんが上手く行くといえば大概はうまくいかず、あんまりだと言えば上手くいくのですが、僕のアルバムを聞いて良いと言うんです(笑)」

ファーストソロアルバムであるため、パクキョンはメンバーに対する言及も忘れなかった。そんな彼がミニアルバムを引っさげて舞台に立つ所感はどんなものか。彼は「とても気分が良いです。人々が僕の歌をたくさん聞いてくれれば嬉しいです」と話した。

自分の声だけでなく、作詞作曲までしたため多くの人々が自分の歌を聞いてくれることを願うことは、当然のことだ。今回のアルバムに対する心残りな点もないはずはない。

「今回は男性歌手と合わせました。コラボを良く考えたと思ったのですが、一曲くらいは女性歌手とすればよかった、失敗だと考えています(笑)。フィーチャリングをするなら?メモにユ・ソンウンが入っています。最近Aprilも好きですし、ガールズグループを好いたりしないのですがカムバックした姿を見れば僕も知らず笑っていました。ミュージックビデオも見ました。ものすごいファンではないですが好きです」

ソロとなっただけに、負担もすくなくないだろう。

「チャートにある曲をたくさん聞くので残念な気持ちにもなります。順位が良くなければ埋もれてしまう。チャートを見て音楽を聞くと考えると、それは少し負担になります」

『君の前で僕は』だけでなく『残像』、『普通の恋愛』などパクキョンのアルバムの中には「恋愛」素材がメインとなる。インスピレーションは主にどこから得ているのだろうか。

「インスピレーションは主に兄さんたちとの酒の席で受けます。焼酎を飲みながらする話はフィルタリングされず伝わるじゃないですか。そんな話の中からアイデアを得ます」

「曲を作るときにはメロディを先に書きますが、イ・グァンという兄さんとジャンルの話をしていたときにジャズをやろうという話が出ました。僕ももともと関心が高く、2小節部分を聞くとソロもあります。作曲はシャワーしながら主に考えます。つまらなくて呟いたりしていると曲ができて、その音を具体化させる方向から曲が出てきます」

今後も恋愛、愛に関する曲を作りたいというパクキョン。実際の恋愛経験も入っているのだろうか。

「恋をしたことが久しいので、見守らなければいけないと思います(笑)」
  • MBNスター キム・ジンソン記者 / 写真=セブンシーズンズ
  • 入力 2017-01-21 07:01:04.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved




  • question
  • question
  • mottomottokorea.com
  • dewytree
    • facebook icon
    • google icon
    • twetter icon
    • RSSFeed icon
    • もっと! コリア