イ・ビョンホン「制作者ハ・ジョンウ、演技をさせてもらって感謝」


「映画関係者には申し訳ないですが、もう1本の1000万人動員映画が誕生するのではという考えは1%もありませんでした。この映画の評価が良くて、観客は来ないかもしれませんが、このシナリオが再び来たら当然、また選択することでしょう」

俳優イ・ビョンホンは感性ドラマ『シングルライダー』(監督イ・ジュヨン)で戻ってきたことが、幸せそうだった。「アクションとブロックバスターによく出演しますが、あえて言うなら、このような感性的な映画を好みますし、以前にはたくさん演技しました」という彼は「見る人の立場では線の太いアクションを見るほうが面白いと思いますが、演技者の立場では小さな感情を追って、それを表現することが面白かったです」と満足そうにした。

『シングルライダー』は証券会社の支店長として安定した生活を送っていた家長ジェフン(イ・ビョンホン扮)が不良債権事件の後、妻のスジン(コン・ヒョジン扮)など、家族のいるオーストラリアに旅立つが、そこで衝撃的な秘密に出会いながら起きるストーリーを描く映画だ。

イ・ビョンホンは「一人の男の心理と微細な感情を追っていく部分が、『甘い人生』とも似ていますが、映画のジャンルと面白みが違うようです」とし、「誰にでも面白いとは考えませんが、一部の観客には人生の映画になるかもしれないと考えています。特に私はこの作品が他の人に渡っていたら、とても残念だった気がします」と強調した。

久しぶりに心を動かした感性ドラマを選択することになった彼は、極限の感情を表現するために、より鋭敏になった。彼は「アクションやブロックバスター、スペクタクルなものが重要な映画は、そのようなものに振り回されますが、『シングルライダー』は微細な感情が重要なので、私の感情を逃すことが大きなものを逃すことになるので、もう少し敏感になって、神経を使いました」と話した。

映画は観客に衝撃を抱かせる伏線と反転のポイントがある。「映画のシナリオを読んだときに伏線と反転を全く知りませんでした」と笑ったイ・ビョンホンは「監督が望むポイントと、私が演技で細かい感情まで表現しなければならないポイントが異なり、意見を交わす時間がたくさんありました」とし「そう要求したら、監督が私の考えの方に気持ちが傾いたのかは分かりませんが、私が話した方向に演技するように言われました」というエピソードを伝えた。しかし、「本当に熱演を繰り広げて観客に状況を知らせる場面があったのですが、削除されました」と残念がって記者に笑いを与えた。しかし、結論的には観客の好奇心を刺激する要因になったので、それなりに満足しているという立場だ。

『シングルライダー』は、イ・ビョンホンが所属事務所の次元で制作に投資した作品でもある。彼は「所属事務所の代表がシナリオを読んで、考えてもいなかった投資の話を持ち出して驚きました」とし「私もこの映画が成功して、お金を稼ぐ稼がないの問題ではないように思えました。どのような形であれ制作に一緒に参加することができたのは、会社にも意味のあることで、誇らしいものでした」と話した。制作会社パーフェクトストームの代表である俳優ハ・ジョンウについては、「ジョンウ氏が私に『選択してくれてありがとう』と話したのですが、私だったら私が演技をしたくて、本当に誰にも奪われたくない作品だと思ったのです。ジョンウ氏には言葉にしませんでしたが、むしろ私が演技できるようにしてくれて、感謝しています」と伝えた。

イ・ビョンホンは『内部者たち』と『マスター』などを通じて「アドリブ王」になった。 「アドリブに対する欲はありません」と笑った彼は、「笑いが入って悪いことはないと思います。このように感性的で穏やかで寂しい映画にも、ところどころで必要だと思います」と伝えた。 『シングルライダー』にもアドリブが出てくる。劇中に登場するおばあさんを見て驚く場面などがイ・ビョンホン本人のアイデアだ。

『シングルライダー』は、あまりにも忙しく走る私たちに、考えることのできるメッセージを伝える。

しかし、いざ主人公のイ・ビョンホンは数年間にわたって休まずに、「仕事熱心」という感じだ。

彼は「体力的に問題があるわけではありませんが、最近は少しだけ休めたらいいなと考えています」とし「作品に対する欲のために選択していますが、何かが消費されている感じがするときは、『私があまりにも消費されているのではないか?』という考えにもなるので、内面的に豊かな時間を持つのはどうだろうか、と思うこともあります」と話した。それとともに「こんなふうに話しても、言葉とは違って仕事を続けています。少なくとも2~3カ月でも休んだり、私自身を振り返ったり、充電する時間があればいいなと考えています」と微笑んだ。
  • スタートゥデイ チン・ヒョンチョル記者
  • 入力 2017-02-20 12:16:31.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved



  • question
  • mottomottokorea.com
  • dewytree
  • dewytree
    • facebook icon
    • google icon
    • twetter icon
    • RSSFeed icon
    • もっと! コリア