イ・グァンス、ドラマ「Live」男主人公にキャスティング…「チョン・ユミと呼吸」


俳優イ・グァンスがノ・ヒギョン作家の新ドラマ『Live』で男主人公としてお茶の間にカムバックする。

イ・グァンスが2018年上半期初放送予定のtvN新ドラマ『Live』(脚本ノ・ヒギョン / 演出キム・ギュテ / 制作ジティスト、スタジオドラゴン)で地区隊巡査「ヨム・サンス」役を引き受けた。俳優チョン・ユミ、ペ・ソンウとともに呼吸を合わせる。

『Live』は警察地区隊で起きる事件事故を中心に、日常の大切な価値とわずかな定義を守るために努力する警察の哀歓と傷を扱うドラマだ。

既存の警察ドラマが事件中心のドラマならば、『Live』はジャンル物的な楽しさと濃い余韻の感動を重みがあるように描き出す予定だ。

劇中、イ・グァンスは地区隊巡査「ヨム・サンス」に扮する。ヨム・サンスは軍除隊後、社会の非主流として生きてきたが、公務員を通して主流に生き残るという闘志と負けん気を備えたキャラクターだ。しかし、一生懸命するとは言うが、受け持った事件のたびに不運のアイコンになり、あらゆる事件にぶつかる。

『Live』は『ディア・マイ・フレンズ』、『大丈夫、愛だ』、『その冬、風が吹く』など人間愛に関する温かい視線を盛り込んだ作品を執筆してきたノ・ヒギョン作家と『大丈夫、愛だ』、『その冬、風が吹く』を演出したキム・ギュテ監督が意気投合し、放送前から大きな期待を呼び起こしている。ここに俳優イ・グァンスをはじめ、チョン・ユミ、ペ・ソンウが主演を務めることになり、2018年上半期のtvN期待作として注目されている。

イ・グァンスはSBS『大丈夫、愛だ』を皮切りに、tvN『ディア・マイ・フレンズ』、『Live』までノ・ヒギョン作家と3つ目の作品をともにしながら、縁を続けていく。検証された確かな演技力で毎作品ごとに存在感を輝かせながら愛されてきたイ・グァンスが『Live』でお茶の間にカムバックし、視聴者の嬉しさはもちろん大きな期待感を醸し出している。

一方、tvN『Live』は、もうすぐ俳優キャスティングを終えてクランクインに入り、2018年上半期に初放送される予定だ。
  • 毎日経済スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者 / 写真=キングコングbyスターシップ
  • 入力 2017-08-21 09:05:07.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved