「病院船」17・18話 イ・ソウォンと父親がハ・ジウォンを嫁に迎えたがる

「病院船」17・18話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『病院船』でイ・ソウォンとチョン・ウォンジュンが2人ともハ・ジウォンを家族に迎えたがった。

27日に放送されたMBC水木ドラマ『病院船』でキム・ジェゴル(イ・ソウォン扮)と対立していた父キム・スグォン(チョン・ウォンジュン扮)がソン・ウンジェ(ハ・ジウォン扮)を家族にしたいということに同意する姿が描かれた。

この日、チェ・ヨンウン(ワン・ジウォン扮)は「ソン・ウンジェが原因で私を拒んだのか」とクァク・ヒョンを問い詰めた。続いて彼女は「母親が死ぬことを幇助した医師と愛し合うことができるのか」と挑発した。

クァク・ヒョンはソン・ウンジェが借金取りに取り囲まれる光景を見て、誰なのかと問い詰めた。ソン・ウンジェは「どうして私を助けようとするのか。同僚以上でも以下でもない」と一喝した。クァク・ヒョンは「チェ・ヨンウンのせいか。お母さんのせいなのか」と執拗に尋ねた。ソン・ウンジェは「当たり前ではないか。クァク先生が私なら恨まない自信があるのか」と断言した。

以後、ソン・ウンジェの弟、ソン・ウジェが小遣いを送ってほしいと電話をかけてきた。ソン・ウンジェは借金の督促を受けているから注意するように言い聞かせた。この時、ソン・ウジェが「姉さんが父さんが韓国に来たことを知っている」と話した。父親は「私は借金の催促や警察よりお前の姉さんがもっと怖い」と去ろうとしたが、ソン・ウジェが食事でもしてから行くようにと引き留めた。

一方、キム・ジェゴル(イ・ソウォン扮)が父親のように考えているパク・スボン(ミン・ギョンジン扮)が肺気腫で緊急に運ばれてきた。ソン・ウンジェは「脱腸」と診断して手術をしようとしたが、クァク・ヒョンは「下手をすると手術もできず、麻酔で死ぬかもしれない」と反対した。これにキム・ジェゴルは「麻酔だけ解決すればいいのか。私は鍼麻酔にだけ邁進してきた」と意欲を見せた。クァク・ヒョンとソン・ウンジェはキム・ジェゴルの提案を受け入れて西洋医学と韓医学の協診手術で意気投合した。

パク・スボンはキム・ジェゴルが父親のように思っている患者で、この日の手術は絶対に成功させなくてはいけなかったが、幸いなことに満足のいく結果を得た。キム・ジェゴルは手術を終えたソン・ウンジェに近付いて「苦労した。キム・ジェゴル先生。おかげで患者を生かした、と言ってほしい」とソン・ウンジェの手を自分の頭の上にのせて撫でた。これをクァク・ヒョンが目撃して苦々しく思っていると、チェ・ヨンウンが近づいてきて「2人の雰囲気がいい」と油を注いだ。

キム・ジェゴルはソン・ウンジェの笑顔に「はるかにきれいだ」と言ってさらに近づいた。さらに、ハン・ヒスク(パク・ジュングム扮)がソン・ウンジェの宿所を改装して布団をプレゼントしながら、2人の関係はさらに急進展した。以後、キム・ジェゴルは父キム・スグォン(チョン・ウォンジュン扮)に「ソン・ウンジェ先生、緊急治療室の勤務がとても大変みたいだ」と密かにお願いまでした。この時、キム・スグォンは「給料の半分が差押えされていく」とソン・ウンジェの個人的な事情を調べてみろと関心を見せた。キム・ジェゴルとキム・スグォンは両方ともソン・ウンジェを気に入っており、家族にする作戦に突入した。

放送末尾、ソン・ウンジェの事故のニュースをニュースで確認したソン・ウンジェが病院に走って行く様子が描かれた。クァク・ヒョンが先に病院に到着してソン・ウンジェのそばにいたが、ソン・ウンジェと再会して今後の展開に対する関心を高めた。
  • スタートゥデイ ホ・ウンギョン客員記者 / 写真=MBC放送画面キャプチャ
  • 入力 2017-09-27 23:27:34.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved