「病院船」27・28話 カン・ミンヒョク、ハ・ジウォンと一緒に暴力団の治療に同行…「義理甲」


▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『病院船』、カン・ミンヒョクが、ハ・ジウォンに続いて暴力団の治療に乗り出した。

12日に放送されたMBC水・木ドラマ『病院船』で、組織暴力団らが病院船を接収してソン・ウンジェ(ハ・ジウォン扮)とクァク・ヒョン(カン・ミンヒョク扮)が連行された姿が描かれた。

この日クァク・ヒョンは、認知症の症状が疑われる応急患者を診療するのに忙しい状況で、療養病院から父親のクァク・ソン(チョン・インギ扮)が行方不明になったという連絡を受けた。クァク・ヒョンは認知症が疑われる患者を処置するのに療養病院に行けず、母親のイ・スギョン(ナム・ギエ扮)に電話で頼んだ。

応急患者は幸いにも秋に流行る伝染病で、クァク・ヒョンがあらかじめ準備した抗生物質で無事に峠を越えることができた。

以後クァク・ヒョンは、患者の友人である保護者に親切に説明し、ソン・ウンジェはその姿を微笑ましく眺めた。

クァク・ヒョンは娘のクァク・ジウンとの約束を守るために浜辺に行っていた。クァク・ソンは幼いころに娘と浜辺に遊びに行くことにした約束を忘れず繰り返し、シャボン玉を吹いていた。クァク・ジウンはそのような父親を探してすすり泣いた。イ・スギョンも嗚咽し、濃い家族愛を確認した。

一方でキム・ジェゴルは、クァク・ヒョンと一緒に軽くバスケットボールのシュートをしたあと、「ポジショニングを上手くする秘訣を教えてくれ」と尋ねた。これにクァク・ヒョンが「バスケ?」と問い直すとキム・ジェゴルは、「いや、女だ。好きな女が同僚として過ごそうというのに、焦りもしないでどうやってそんなに淡々といられるのか」とソン・ウンジェとの関係を尋ねた。

これにクァク・ヒョンは、「誰が淡々としている。流されるままに置いているんだ。あの人が私の隣にいるの、不便そうではないじゃないか。流れていくと、時間が教えてくれるだろう」と話した。キム・ジェゴルは「インスピレーションか。大人の真似はほどほどにしろ」といい、「俺たち恋敵みたいなものなのに、仲が良すぎないか」と冗談を言った。

ソン・ウンジェは前日の夜、キム・ジェゴルが言った言葉を思い出した。キム・ジェゴルが「あなたは好きな男の前で、良く見せたいのだ」と正鵠を突いた言葉を振り返り、「絶対ちがう」と心を引き締めた。以後、ソン・ウンジェは病院船の仲間たちのために久しぶりに肉パーティーを開いた。

一方でチェ・ヨンウン(ワン・ジウォン)は、白血病の治療を口実にクァク・ヒョンを騙し続けて嘘をついたことを、イ・スギョンに知られてしまう。クァク・ヒョンはチェ・ヨンウンがいる療養病院に電話をしたが、職員の「そのような人はいない」という言葉に徐々にチェ・ヨンウンを疑い始める。

静かな病院船に銃声が鳴り響き、危機感が高まった。正体不明の組織の血闘が繰り広げられ、ついに病院船を暴力団らが丸ごと占拠してしまう。これは切れた腕も付けるという怪物医師ソン・ウンジェを狙ったものだった。彼らは銃を乱射して病院船の仲間たちを脅かし、ソン・ウンジェのみを連れていこうとしたが、クァク・ヒョンが「医師1人では治療は困難だ」と言って一緒に暴力団の治療のために病院船から出ることになった。
  • スタートゥデイ ホ・ウンギョン客員記者 / 写真=MBC放送画面キャプチャー
  • 入力 2017-10-12 23:24:07.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved




  • question
  • question
  • mottomottokorea.com
  • dewytree
    • facebook icon
    • google icon
    • twetter icon
    • RSSFeed icon
    • もっと! コリア