ウ・ドファンが明かす#理想のタイプ #恋愛スタイル #年上女性


俳優ウ・ドファンが自身の理想のタイプと年上に対する考えを明かした。

6日午後、ソウル江南区のカフェにてウ・ドファンと出会い、最近放送が終了した『マッド・ドッグ』に関する話を交わした。

ウ・ドファンはドラマにてリュ・ファヨンと呼吸を合わせ雰囲気を掴むようにするも、結局は先に雰囲気を破る「駆け引き男」の一面を見せた。

彼は実際の自分の恋愛スタイルについて「駆け引きはまったくせず、仕方も分かりません。絶対にしないといけないのかなと思います」とし「好きなら『好き』、嫌なら『嫌』と話す直接的なスタイルだと思います」とし「恋愛するときに礼儀を気遣います。配慮が過ぎるときもありますが、常に誰かの大切な娘さんだと考えます」と話した。

理想のタイプについては「会話がしっかりでき、見つめているだけでも笑顔になる人」だと伝えた。

年上女性と交際したことはないという彼に、年上に関する考えを尋ねると「年齢が重要ですか?」と笑った。続けてウ・ドファンは「社会的に物議を起こさない程度であればいい」とし「(僕の)両親とすごく近くない程度」だと話した。

一方、『マッド・ドッグ』は千差万別保険犯罪を通じてリアルな韓国の現実を辛らつに暴く保険犯罪調査ドラマだ。ダークヒーロー保険犯罪調査チーム「マッド・ドッグ」の活躍を通じて「保険犯罪」という斬新な素材に現実をもとにしたヒューマニズムを加えた。ウ・ドファンはドラマの中でパイロットの兄の自殺と判明した飛行機墜落事故の真実を暴くキム・ミンジュン役を演じ熱演した。
  • シックニュース チェ・ジョンウン記者 / 写真=キム・ヘジン記者
  • 入力 2017-12-08 14:23:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved