2PMジュノ「小さな目を生かすためスタッフが苦労したはず」


『ただ愛する仲』ジュノが小さな目により演技する際に感じる苦痛を吐露した。

9日ソウル上岩スタンフォードホテルではJTBC月火ドラマ『ただ愛する仲』記者懇談会が開催された中、ジュノ、ウォン・ジナ、イ・ギウ、カン・ハンナが参加して会場を輝かせた。

この日ジュノは「(表情を込めることにおいて)カメラ監督、照明チームが表現してくださることが大きい。最初は苦労された。僕の目が小さいほうなので目を生かすことへの悩みが多かった」と冗談を言って笑いを誘った。

続けてジュノは「そのため視線を下に見つめてはいけないと考えた。目に込めている眼差しをしっかり表現できるよう努力した。技術的な要因もあるが、ガンドゥとして生きねばならなかった。本気で没頭してみようと努力した」と撮影中、役割に没頭したと打ち明けた。

彼は「突然台詞を言っても、どんな声、台詞だろうと考えずに自然に出るように没頭しようとした」と付け加えた。

ジュノと呼吸を合わせているウォン・ジナは「私を慰めるときの眼差しで胸キュンポイントを感じた。埠頭で酔いからさめたとき(ジュノさんが)上から見つめて手を差し伸べた場面、あのときの眼差しと声がよかった」と撮影中にときめいた逸話も公開した。
  • MBNスター シン・ミレ記者 / 写真=JTBC
  • 入力 2018-01-09 15:45:18.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved