「不埒な同居」Cheetahが2PMウヨンとチャンソンとほろ酔い談議


『不埒な同居』Cheetahが2PMウヨンとチャンソンとヒップでホットなほろ酔い談議を交わした。Cheetahは二人に過去に自分がラッパーとなるしかなかったエピソードを公開したと伝えられ、彼らの正直なトークに関心が集まっている。

12日放送されるMBCスターリアル同居バラエティ『不埒な同居』では感性Swagを爆発させるCheetahと2PMウヨン、チャンソンの姿が公開される。

先週、Cheetah-ウヨン-チャンソンは新たな同居人として登場し、すぐに「自由に暮らそう」とクールさに満ちた同居の始まりを知らせて視聴者の注目を集めた。これに三人が自由奔放な姿で夜のお出かけをする姿が予告され、今週彼らが巻き起こすストーリーに関心が高まっている。

公開された写真の中でCheetah-ウヨン-チャンソンが先立って見せた明るい姿とは違い、どこか真剣な雰囲気が漂っている。Cheetahはウヨンとチャンソンに固く決意した様子で話をしている。Cheetahの話を聞いたウヨンとチャンソンは少し驚いた表情で彼女の話に集中しており、三人が交わす話の内容へ関心が寄せられる。

制作陣によると、Cheetahは現在の強いお姉さんのイメージとは違いバレー、現代舞踊を学んでおり、歌う歌手を夢見ていたという過去を公開したという。その後Cheetahは歌手を夢見ていた自分がラッパーとなるしかなかった事情を公開してウヨンとチャンソンを驚かせたという。

またCheetah-ウヨン-チャンソンが椅子から立ち上がりテンションを高くしてダンスパーティを開いている姿もキャッチされ視線を奪う。中でもCheetahはこれまで隠していたダンスの実力を見せてウヨン、チャンソンははじめて見るCheetahの動きから目を離せなかったと伝えられた。

Cheetahがラッパーとなった理由とウヨン、チャンソンを驚かせたCheetahのダンスの実力は韓国にて12日に放送される『不埒な同居』を通じて確認できる。
  • O2CNI / 写真=MBC
  • 入力 2018-01-12 10:51:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved