C-JeS側「クァク・ドウォンと4年で美しい別れ」…チョン・ウソンの所属事務所へ?


俳優クァク・ドウォンがC-JeSエンターテイメント(以下、C-JeS)を去りFAに参加したという報道が出た中で、C-JeS側が立場を明らかにした。

クァク・ドウォンが現在携わっているC-JeS側12日、毎日経済スタートゥデイに「契約書がない状態で4年間一緒に仕事をし、そのため契約満了やFAという表現は正しくない」とし、「俳優が今年の演技活動の転換点の側面から他の所属会社と接触していることを知っており、業務は『鋼鉄の雨』の広報まで進行された。まだ新しい所属事務所が決定されておらず、その時までマネジメント業務は引き続きしていく予定だ」と公式立場を明らかにした。

過去2014年にSARAMエンターテイメントと専属契約が満了に伴い、チェ・ミンシク、ソル・ギョングらが所属するC-JeSエンターテイメントに巣を作り活躍を繰り広げてきた彼は、約4年で美しい別れを決めた。現在クァク・ドウォンはいくつかの大型事務所と接触し行き先を議論中で、『阿修羅』『鋼鉄の雨』で親しい仲になったチョン・ウソンのアーティストカンパニー行きが有力だということが知られた。

クァク・ドウォンは演戯団コリペ、密陽演劇村などの舞台で俳優の道に入り、2003年に映画『もし、あなたなら~6つの視線』(イム・スンレ、チョン・ジェウン、ヨ・ギュンドン監督)で映画界に進出した。

ジャンル問わず、キャラクター問わず多様な作品を通じて、フィルモグラフィーを積み重ねてきた中で『哭声』(2016年、ナ・ホンジン監督)でスターの隊列に上がった。以後、『阿修羅』(2016年、キム・ソンス監督)、『特別市民』(2017年、パク・インジェ監督)、そして新作『鋼鉄の雨』(2017年、ヤン・ウソク監督)まで作品ごとに印象深い演技で評論家の絶賛を受けてきた。
  • スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2018-01-12 13:02:16.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved