2PMウヨン、韓国初ソロコンサート終了「心から歌い踊る2PMウヨンに」


2PMウヨンがデビュー10年目にして韓国初ソロコンサートを成功させ、胸熱くなる所感を伝えた。

ウヨンは今月9日から11日までの三日間ソウル漢南洞ブルースクエアアイマーケットホールにて国内初ソロコンサート「WOOYOUNG 1st SOLO CONCERT(エン?CALL!)」を開き6000人のファンと出会った。

「エン?CALL!」という独特なタイトルで開催前から多くの好奇心を呼び集めたウヨンの今回のコンサートは、アンコールをまず最初に披露する新鮮なフォーマットでファンの視線を瞬時に集めた。この公演は「今から本格的なアンコール舞台が始まります」という電光板のメッセージで観客を不思議がらせながら華やかな幕を開けた。

続いて姿を現したウヨンは楽しいサウンドの『Intro Woo』、先月15日に発売されたミニ2集『別れる時』の収録曲『みんな』と『Party Shots』、『Superman』で公演の熱気を盛り上げた。

ウヨンは「そう、これでしょう。僕がこれをしようと10年を過ごした」と胸熱くするコメントで感慨無量を表現した。しかしそんな熱気も暫し、ウヨンは「生きてきながらこんな公演ははじめて見た」という言葉とともに退場し、予想もしなかった展開にすべてのファンを「えん?」と首を傾げさせた。

ファンとの駆け引きの果てに再登場、本格的な公演を繰り広げ始めたウヨンは本人の初自作曲『The is Love』をはじめとして『鼻歌』、『Happy Birthday』から『ぴたり』、『同じだろう』などのステージを繰り広げた。

ウヨンはコンサートの合間に行うトークにてアルバム『別れる時』が持つ意味を説明し「僕が持っている考えと、別れてまた歩むプレゼントのようなアルバム」だと表現するなど、正直な言葉でファンと近くで呼吸した。

続いてウヨンは『2NITE』、『COCTAIL』、『R.O.S.E』、『Going Going』などを続けて華やかなパフォーマンスで披露した。

中でも多くのファンたちから愛された国内1stミニアルバムタイトル曲『Sexy Lady』ではウヨンがサングラスを付けるやすべての観客がウヨンの名を連呼して過熱する雰囲気がさらに高まった。

本公演を終えたウヨンが退場するや、ファンたちはアンコールを熱烈に連呼し、再び姿を現したウヨンはコンサートを開始し披露したアンコールステージを再現、独創的な構成で今回の公演を終了させた。

ウヨンは『Chill OUT』、『I like』の二曲をさらに披露し「心から歌い踊る2PMのウヨンになります」という言葉で国内初ソロコンサートの幕を閉じた。中でもウヨンは自身の正直な告白を込めた『I like』を歌って涙をこらえることができず観客までも涙させた。

「アンコール-本公演-アンコール」という独特なコンセプトでファンに大きな見所を抱かせたウヨンは、華やかな舞台のほかにも公演の合間にメイキング、ビハインド映像などを通じて多様な見所と感動まで伝えて観客に喜びを届けた。

毎瞬間真心を込めたパフォーマンスで舞台を埋め尽くしたウヨン。「10年はやってこそアイドル」だという彼の言葉のように、今から再び新しく出発するウヨンと2PMの歩みに期待が寄せられる。

  • スタートゥデイ ペク・ミンギョン インターン記者 / 写真=JYPエンターテイメント
  • 入力 2018-02-12 16:17:01.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved