チャン・グンソクが平昌冬季パラリンピック広報のため様々なイベント開催


俳優チャン・グンソクが平昌冬季パラリンピック大会広報のために「チャン・グンソク2018ファンとのスペシャルな出会い」を開催し、江原道を熱気で包み込んだ。

今月9日、江原道庁の所在地である春川にて開かれた「チャン・グンソク2018ファンとのスペシャルな出会い」ファンミーティングは、江原道と韓国観光公社が主催する「3月のスノーフェスティバル」の一環。チャン・グンソクは平昌パラリンピック開催初日となったこの日に「2018平昌冬季五輪」、「2018平昌冬季パラリンピック」および「江原道」の広報大使としてオリンピックを盛り上げる「3月のスノーフェスティバル」のスタートを切った。

この日開かれたファンミーティングにて、チャン・グンソクは1月に日本の大阪城ホールにて開かれた「THE CRI SHOW Ⅳ」ツアーにも参加したチョン・マンホ江原道経済副知事の紹介で舞台にあがり、登場から江原道に向かう愛情を惜しみなく表して視線を集めた。

続いて当選者を直接選んで願いを聞いてあげ、記念写真を撮影するなど忘れることのできない思い出を作ったりもした。ここにファンのリクエスト曲『楊花大橋』、愛唱歌『嘘嘘嘘』のほかにもチョ・ヨンピルの『夢』をファンに聞かせるなど甘美な声でファンを感動させた。

チャン・グンソクはこの日ファンミーティングに訪れたファンたちに感謝の気持ちを伝えたことはもちろん、翌日に行われる希望の木セレモニーとパラリンピック競技観覧時に参考にすべき事項もしっかり伝え「2018平昌冬季五輪」「2018平昌冬季パラリンピック」および「江原道」広報大使らしい姿をしっかりと見せてくれた。

またこの日のファンミーティングを皮切りに翌日(10日)江陵につくられたオリンピック希望の木にて国内外のファン1200人とともに各国チーム選手の勝利祈願セレモニーを実施したことに続き、アイスホッケー競技観覧を行うなどイベントに積極的に参加、「3月のスノーフェスティバル」のスタートを成功させた。

それだけでなく、江陵メディアセンターにて今回のイベントの趣旨およびパラリンピック開催成功を願うメディアブリーフィングを実施、メディア応対にも先立ち広報大使の役割を完璧に遂行するなど、今回のフェスティバルに意味を加えた。

このようにチャン・グンソクは次期作ドラマ『スイッチ-世界を変えろ』の撮影で忙しい中でも、平昌冬季五輪が幕を開ける前からパラリンピックが開かれた現在、韓国を全世界に知らせることができるグローバルなイベントに縦横無尽に活躍を繰り広げ情熱を注いでいる。

一方、チャン・グンソクは今月28日初放送されるSBS水木ドラマ『スイッチ-世界を変えろ』でお茶の間を訪ねる予定だ。
  • MBNスター ソン・ジナ記者
  • 入力 2018-03-12 11:49:57.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved