チャン・グンソク、平昌パラリンピック広報に拍車かける


俳優チャン・グンソクが江原道のあちこちで五輪広報に拍車をかけた。

「2018平昌冬季五輪」、「2018平昌冬季パラリンピック」および「江原道」広報大使であり、江原道と韓国観光公社が主催する「3月のスノーフェスティバル」のスタートを切った第一走者、チャン・グンソクは今月9日に「チャン・グンソク2018ファンとのスペシャルな出会い」につづき、翌日10日にも活発な広報活動を繰り広げてフェスティバルの序幕を開いた。

何よりも今回の平昌冬季パラリンピック競技観覧が特別だった理由は、チャン・グンソクが2018枚のチケットを購入、国内外のファンを招待して準備した場であるためだ。「選手たちが繰り広げる感動と熱い情熱をファンと共に感じたかった」という言葉のように、この日の試合会場はいつにまして熱烈な応援と声援が巻き起こり韓国と日本両国の選手の士気を高めた。

中でもチャン・グンソクをはじめとした多様な国籍のファンたちがひとつとなって競技に集中、勝敗に関係なく選手一人一人に激励を送る姿が感動を与えた。

これに会場はチャン・グンソクと観客により情熱的な試合がしっかりと終了した。加えて国内外のメディアの爆発的な取材熱気を呼び起こすなど、全世界を通じて韓国を広く知らせることができる機会を準備した。

またチャン・グンソクは試合観覧のほかにも「3月のスノーフェスティバル」の参加と広報大使としての活動計画、抱負を伝えるメディアブリーフィングを開いてより多くの人々がオリンピックち江原道に関心を持つことができるように先立った。この日、韓国の記者は質問に先立ち「江原道ではさいきん『広報大使はチャン・グンソクのように』という言葉がある」としドラマ『スイッチ-世界を変えろ』の撮影で忙しい中でも広報に力を入れる彼の歩みを賞賛したりもした。

それだけでなく、江陵にてオリンピック五輪旗を模った希望の木に願いの牌をかかげて各国チームの選手の勝利を祈願するセレモニーイベントに参加。「世界平和の始まり!大韓民国!江原道」という願いを記し江原道に対する愛情を惜しみなく表した。
  • MBNスターソン・ジナ記者 / 写真=Tree J Company、韓国観光公社、江原道庁
  • 入力 2018-03-13 10:44:03.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved