チョ・ジョンソクxコン・ヒョジンxリュ・ジュンヨル主演映画クランクイン


映画『ペンバン』が3月11日にクランクインした。

デビュー作『チャイナタウン』で第52回百想芸術大賞映画部門新人監督賞を受賞し、映画界の期待を一身に受けたハン・ジュンヒ監督とコン・ヒョジン、リュ・ジュンヨル、チョ・ジョンソクなど忠武路(映画界)の大勢俳優たちの出会いで話題を集める映画『ペンバン』が3月11日に本格的な撮影に突入した。

『ペンバン』は車に対する特有の感覚を持つペンバンのエース刑事ミンジェ(リュ・ジュンヨル扮)と、広域捜査隊からペンバンに左遷された刑事シヨン(コン・ヒョジン扮)がスピードと車に対する狂気から犯罪までいとわないジェチョル(チョ・ジョンソク扮)を捕まえるために力を合わせるカーアクション映画だ。『ペンバン』の主役たちは本格的な撮影に先立ち、今月5日に行われた台本リーディング現場からキャラクターに完璧に没頭したことはもちろん、幻想的な呼吸を誇ったと伝えられた。

警察広域捜査隊からペンバンに左遷された刑事シヨン役のコン・ヒョジンは「観客に爽快なアクションと熱い共感を与えることができる最善を尽くす」と伝え、ペンバンのエース刑事ミンジェを演じるリュ・ジュンヨルは「監督をはじめ素晴らしいスタッフ、良い俳優たちと数ヶ月間呼吸を合わせ共に疾走できる一味違う撮影にとても期待している」と話した。またシヨンとミンジェが追いかける狂気に満ちたレーサーのジェチョルを演じるチョ・ジョンソクは「これまで挑戦したことのないキャラクターを演じることになりときめき緊張する。観客の方々に良い映画、良い縁起でお会いできるよう努力する」と撮影に入る所感を伝えた。

三人の主演俳優同様に期待を呼び起こすハン・ジュンヒ監督は「新たな試みのために良い俳優、スタッフの方々と共にがんばって準備した。誰一人怪我をしない現場と、良い作品となるよう全力投球する」と作品に挑む覚悟を伝えた。

『ペンバン』はコン・ヒョジン、リュ・ジュンヨル、チョ・ジョンソク、ヨム・ジョンア、チョン・ヘジン、SHINeeキー(キム・ギボム)のキャスティングにつづきtvNドラマ『Mother』にて極悪非道なソラク役で強烈な存在感を残したソン・ソック、独立映画界で頭角を現す新鋭パク・イェヨン、JTBCドラマ『ミスティ』のオ・デウン役としてキム・ナムジュと対立し存在感を見せたイ・ソンウクまで合流し新鮮で頼もしいキャスティングラインナップを誇っている。

2018年下半期公開予定。
  • MBNスター キム・ソルジ記者 / 写真=(株)ショーボックス
  • 入力 2018-03-13 11:57:11.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved