ジュノ-チャン・ヒョク-チョン・リョウォン主演ドラマ台本リーディングから幻想的なケミ


SBS『油っこいメロ』初台本リーディング現場が公開された。

コミック厨房活劇『油っこいメロ』は燃え上がる中華鍋の中の煮えたぎる油よりも熱い三人の男女の恋愛談を描く。『パスタ』、『嫉妬の化身』など斬新で新しいロマンティックコメディで大衆を熱狂させたソ・スクヒャン作家の新作として注目を集める作品だ。

こうした中で『油っこいメロ』側は初台本リーディング現場を公開し、ドラマの力強い出撃を知らせた。ソ・スクヒャン作家印のユーモアな台詞と飛び跳ねるようなキャラクター、ここに初共演から幻想のケミを見せる俳優たちのシナジーまで加わり期待を集めた。

3月に進行された『油っこいメロ』台本リーディング現場にはソ・スクヒャン作家、パク・ソンホ監督をはじめとした制作陣とジュノ、チャン・ヒョク、チョン・リョウォン、イ・ミスク、パク・ジヨン、イム・ウォンヒ、チョ・ジェユン、キム・サグォン、イ・ギヨン、チャ・ジュヨン、イ・ギヒョク、オ・ウィシク、テ・ファンホ、ホン・ユンファ、カン・レヨン、キム・ヒョンジュンなど主要な役割を担う俳優たちが参加して現場を輝かせた。

何よりもジュノ、チャン・ヒョク、チョン・リョウォンは生き生きと呼吸するキャラクターの魅力で現場を賑やかにした。三人はドラマの中で「チャジャンミョン」にまつわる特別な縁を結ぶことになる予定だ。まずジュノは中華料理シェフのソ・プンに完璧変身、お茶の間をときめかせる「シェフ熱風」を予告した。最高のホテル中華料理レストランから潰れかけの中華料理屋の厨房に墜落したソ・プンの人生をダイナミックに表現し期待を高めた。

チャン・ヒョクはヤクザ出身のヤミ金業者ドゥ・チルソン役を演じ、自分だけのカラーでキャラクターを完成した。猪突的に吐き出す彼の台詞一言一言に現場は爆笑したと伝えられた。「やはりチャン・ヒョク」という言葉が出るほとにドゥ・チルソンを完璧にマスターしたチャン・ヒョクの演技は没頭度を一層引き上げる。

財閥一家出身破産女ダン・セウ役を演じるチョン・リョウォンは次元の違う女性主人公キャラクターを予告した。ドラマの中でダン・セウは絶望的な瞬間にもチャジャンミョンを食べて力を得る、言葉で表現できない独特さを持つキャラクター。チョン・リョウォンはコミックさとか弱さ、愛らしさを変幻自在に行き来して演技を繰り広げた。中でもジュノとチャン・ヒョク、誰と出会ってもケミが爆発するチョン・リョウォンの魅力はリーディング現場でも輝いた。

一方、個性満点俳優たちの呼吸も際立った。財閥家夫人と謎の女性として1人2役に挑戦するイ・ミスク、男性よりもっとマッチョな料理人となったパク・ジヨン。ここにチョ・ジェユンをはじめとしたチャン・ヒョクのヤクザ後輩料理人たちとジュノと対立するイム・ウォンヒ、キム・サグォンなど。台本を読むだけでもキャラクターが目に見えるように描き出す俳優たちの演技は息つく暇のない面白さを披露した。

台本リーディングを終えたジュノは「皆さんとてもベテランであり素晴らしい方々なので、ドラマが本当に面白く出来上がるように思います」と胸詰まる感想を伝えた。チャン・ヒョクは「ロマンティックコメディジャンルであるだけに面白い笑いと魅力あるキャラクターで皆さんとお会いします」と意思を伝えた。チョン・リョウォンは「皆さんが満足できるドラマが出来上がりそうで私も期待が大きいです」と初放送に向かう応援を願った。

『油っこいメロ』は『まずキスをしましょうか』後続作として5月7日から放送される。
  • MBNスター キム・ソルジ記者 / 写真=SM C&C
  • 入力 2018-04-16 09:52:31.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved