ペ・ヨンジュンがキーイーストをSMエンタに売却した理由は?


ペ・ヨンジュンはなぜ12年間育ててきた自身の分身キーイーストをたった500億ウォンで引き渡したのだろうか。

今年3月14日、ペ・ヨンジュンは自身が最大株主となっていたキーイーストをSMエンターテイメント(以下、SM)に売却し芸能界を驚かせた。SMは当時、ペ・ヨンジュンが持っていた株式1945万5071株(25.12%)全量を500億ウォンで買収した。SMの新たな大株主となったことで400億ウォンの相場差益をあげたペ・ヨンジュンであったが、「経営権放棄」の背景に対する関心が高まっていた。

16日夜放送されたチャンネルA『風のたよりに聞きましたけど』では、ペ・ヨンジュンがキーイーストを売った背景について伝えられた。

ある出演者は「キム・スヒョンが入隊し、キム・ヒョンジュンは元恋人と法廷攻防があり系列会社分離などで以前のようではないという話もあった」としながらも「中でも昨年に出産特恵論難でとても苦労したものと聞いている。連続する非難に心身が疲れたようだ」と分析した。さらに「すべてを下して自分が好きなコーヒー、ゴルフをしながら暮らしたいという話もしていたそうだ」と付け加えた。

ペ・ヨンジュンは2015年にパク・スジンと結婚、2016年第1子男児が誕生した。しかし早産により病院のNICU特恵論難に包まれ気苦労をした。

先日には第2子女児を胸に抱いたペ・ヨンジュンは普段から素朴な一般人の人生に憧れるような発現を頻繁にしてきた。過去に本の出版記念会では「農夫になりたい。私の職業欄にもうひとつ加えるならば農夫と書きたい」と話したりもした。ワイン愛好家でもあるペ・ヨンジュンは、健康な人生に関心が強く外食およびコーヒー事業家に変身したりもした。
  • スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2018-04-17 10:30:33.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved