「スイッチ」27・28話 チャン・グンソク、絶体絶命の危機を克服「爽快な反撃」

「スイッチ」27・28話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

「逃げるサ・ドチャンと死にゆくペク・ジュンス。絶体絶命の危機を克服!」

SBS『スイッチ - 世界を変えろ』でチャン・グンソクが拘置所から脱走するサ・ドチャンと死にゆくペク・ジュンスという歴代級の熱演を繰り広げてドラマの緊張感を高めた。

去る10日に放送されたSBS水木ドラマ『スイッチ - 世界を変えろ』(脚本ペク・ウンチョル、キム・リュヒョン、演出ナム・テジン、制作C-JeSプロダクション、以下『スイッチ』)27・28話では、ペク・ジュンス(チャン・グンソク扮)がサ・ドチャン(チャン・グンソク扮)に変身して逃げて、サ・ドチャンはペク・ジュンスを危機から救い出す痛快な「スイッチ作戦」が描かれた。

ペク・ジュンスはサ・ドチャンに殺人未遂罪で刑務所にいてはヒグマとのゲームに勝算がないと、「私は詐欺師のサ・ドチャンとして死にます。ペク・ジュンス検事として生きてください」と自分が死ぬという衝撃的な提案をしていた状況。するとサ・ドチャンは「その提案を拒否します。ペク・ジュンスとして生きたくない。他人の人生を生きるだなんて」と断った。結局、ペク・ジュンスはサ・ドチャンを拘束し、ペク・ジュンスは前がぼやけて見えるなど自分の健康が悪化すると、悩み続けた。続いてペク・ジュンスはサ・ドチャンを脱獄させるために拘置所でサ・ドチャンが倒れるようにして、救急車で護送しながら自分とスイッチするという計画を伝えた。ペク・ジュンスはサ・ドチャンの脱獄を知ったクム・テウン(チョン・ウンイン扮)が救急車を追ってサ・ドチャンを殺そうとするはずだから、自分とサ・ドチャンを入れ替えてサ・ドチャンの代わりに死に、サ・ドチャンはペク・ジュンス検事としてで生きるように説明した。これにサ・ドチャンは「すばらしいシナリオ」と表面上は同調した後、「あなたのシナリオと私のシナリオ。誰のシナリオ通りに流れるのか見てみましょう」としながら本音を隠した。

ついにペク・ジュンスが決めた日になると、サ・ドチャンは配給された食事を食べて倒れ、その後に救急車で移送された。このニュースを聞いたクム・テウンはキム室長(ソン・ウォンソク扮)にサ・ドチャンを連れて来るように指示した。あらかじめ待機していたキム室長は拘置所から出てくる救急車を追いかけたが、拘置所から出た救急車にはコ係長(チャ・ヨプ扮)とペク・ジュンスが乗っていた。囚人服を着たペク・ジュンスはコ係長に後のことを頼むという言葉を残して山に脱出し、キム室長はすぐにペク・ジュンスを追跡した。林道に沿ってかろうじて逃げるペク・ジュンスが心臓をつかんでその場に倒れると、キム室長はナイフを持ってペク・ジュンスに向かって近づいてきた。

しかし、このすべての計画はサ・ドチャンがあらかじめ「スイッチチーム」と相談、セッティングした作戦であることが明らかになった。

ペク・ジュンスの計画を聞いたサ・ドチャンはチョン・インテ(アン・スンファン扮)を待機させキム室長に攻撃されそうになっていたペク・ジュンスを再び救った。以後、病院に横たわっているペク・ジュンスに代わって検察庁に出勤したサ・ドチャンはキム室長がペク・ジュンスを殺害しようとした状況をすべて録画して、これを口実にキム室長を逮捕することに成功した。

ペク・ジュンスとなったサ・ドチャンとオ・ハラ(ハン・イェリ扮)がキム室長を逮捕した後、クム・テウンに向かって「次はクム・テウンさん、あなたです」と話す爽快なシーンが描かれて、今度こそ「スイッチ軍団」がクム・テウンを処断することができるのかに関心が高まっている。

一方、SBS水木ドラマ『スイッチ』29・30話は韓国で16日夜10時に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2018-05-11 08:41:03.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved