「スイッチ」視聴率上昇で水木ドラマ1位の「スーツ」脅かす


ドラマ『スイッチ』が『スーツ』を猛追している。

11日、視聴率調査機関ニールセンコリアによると10日午後に放送されたKBS2の水木ドラマ『スーツ』(脚本キム・ジョンミン、演出キム・ジンウ)は視聴率7.9%を記録して水木ドラマ1位の座を守った。

しかし、過去の放送分が記録した8.9%に比べて1%ポイント下落し、さらにすぐ後ろを同時間帯に放送されたSBSドラマ『スイッチ - 世界を変えろ』(脚本ペク・ウンチョル、キム・リュヒョン、演出ナム・テジン、以下『スイッチ』)が追った。

『スイッチ』は1・2部がそれぞれ5.9%と7.2%を記録した。これは前日記録した視聴率(4.7%、5.9%)より1.2%ポイントと1.3%ポイント上昇した数値だ。

MBC『手をつないで - 沈む夕日を眺めよう』(脚本チョン・ハヨン、演出チョン・ジイン、キム・ソンヨン)は1部と2部がそれぞれ2.8%と3.8%を記録して最終回を迎えた。
  • シックニュース アン・イェラン記者
  • 入力 2018-05-11 09:11:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved