パク・ボゴム、新ドラマ出演検討中…2年ぶりのドラマ復帰か


俳優パク・ボゴムがドラマ出演を検討しているという事実が知られると、ファンが大きく歓迎した。

パク・ボゴムの所属事務所ブロッサムエンターテイメントの関係者は16日、毎日経済スタートゥデイに「『ボーイフレンド』はパク・ボゴムが提案された作品の一つだ。出演を検討中」と明らかにした。

パク・ボゴムが出演提案を受けたドラマ『ボーイフレンド』はすべてを手に入れたように見える女性と、何もないように見える平凡な男性、富と名誉を捨てるのが難しいのか、平凡な日常を諦めることが難しいのかについて描く作品。パク・ボゴムが平凡な男性のキム・ジンヒョク役を提案された。

『ボーイフレンド』はドラマ『キレイな男』、『タンタラ』、映画『7番房の奇跡』、『尚衣院 』、 『国家代表!?2』、『あの日、兄貴が灯した光』などを書いたユ・ヨンア作家が台本を引き受け期待を高めている。

パク・ボゴムは2016年に最終回を迎えたKBS2ドラマ『雲が描いた月明かり』で人気を得た後、長いあいだ次期作を検討してきた。

一方、パク・ボゴムは最近、JTBC『ヒョリの民宿2』に出演、情熱あふれる万能アルバイトの姿を披露して大きな愛を受けた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン金ターン記者
  • 入力 2018-05-16 10:51:09.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved