ビジュアルから性格まで美男…パク・ボゴムを賞賛する声が続々


パク・ボゴムがドラマ『彼氏』の出演を検討している中で、彼の美談が注目を受けて話題になっている。

パク・ボゴムの所属事務所側は16日、「ドラマ『彼氏』はパク・ボゴムが出演オファーを受けた作品の1つで現在、検討している段階だ」と伝えた。

パク・ボゴムがオファーを受けたキャラクターは、平凡な男のキム・ジニョク役で、『彼氏』は全てを持っているように見える女性主人公と平凡な男性主人公の話を描いたドラマだ。

パク・ボゴムが『彼氏』出演のオファーを受け、善良なイメージと誠実な態度を持った彼の美談も話題を集めている。

最近、JTBCで放送が終了した『ヒョリの民宿2』に滞在したしたゲストは自分のSNSを介して「パク・ボゴムさんは礼儀正しく、清らかさが身に染み付いているようだった」と賞賛した。

パク・ボゴムの美談は、彼が出演していない放送でも続いた。13日に放送されたJTBCバラエティ番組『シュガーマン2』では歌手チームがパク・ボゴムを言及して注目を集めた。

この日の放送で、歌手チームは「365日、ジムに行く。ジムは世界と断絶された私にとって、世界がどのように動いているか知ることができる唯一の場所だ」とし「ある日、とてもかっこいい子が来て挨拶をとてもしっかりとして行った。行ってからマネージャーが『誰なのか知っているか』と尋ねた。その人はパク・ボゴムだった」とパク・ボゴムの人間性を賞賛した。

パク・ボゴムの美談に「ビジュアルに演技、人間性まで備わった俳優」、「全てが素晴らしい人だ」、「テレビで見てもパク・ボゴムの性格は本当のような気がする」などの意見があがった。

パク・ボゴムは2011年の映画『ブラインド』でデビューした俳優だ。以後『バトル・オーシャン 海上決戦』、『コインロッカーの女』とドラマ『恋のスケッチ~応答せよ1988~』、『雲が描いた月明かり』などに出演して多くの人に愛された。
  • 毎日経済 スタートゥディ ユ・スアインター記者
  • 入力 2018-05-16 14:11:29.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved