パク・ユチョン、涙の後に「ファンが命を吹き込んでくれた、機会があるなら頑張る」


パク・ユチョンがファンの前で心境を明らかにした。

パク・ユチョンは去る4日午後8時、ソウル市広津区にあるYES24ライブホールで「2018パク・ユチョン誕生日ファンミーティング」を開催した。

この日、パク・ユチョンは舞台登場に先だってビデオメッセージを通じて「これまでたくさん心配をおかけしました。申し訳ありません」と「苦しい瞬間にも皆さんのおかげで耐えることができました」とし「これまで良い思い出がたくさんありましたが、それを振り返って微笑んいる自分を発見しました。自分はこのような愛を受ける資格があるのかと思い、感謝と申し訳ない気持ちの繰り返しでした。条件のない愛をいただいて幸せです。大変な瞬間に、みなさんのおかげで耐えることができました」とファンに感謝の気持ちを伝えた。

続いてステージに登場した彼は涙を流し、「ともすれば、このような場(ファンミーティング)はなかったかもしれません。これからは良い話ばかり聞くつもりはありません。ファンの皆さんの忠告が私のためであることを知っています。皆さんが私に再び呼吸できるように命を吹き込んでくれたと言っても過言ではない」と重ねて感謝を表した。

パク・ユチョンは「率直に言って再び健康になったとか、心が楽になってはいません。触れると崩れたりもします。しかし、そうならないように努力しています。感情の起伏が激しくもありますが、このような段階を経たら、どんな試練も上手く耐えることができるはず」とし「機会が来るかわからないけどゆっくり、機会が来たら本当に熱心に頑張ります」と約束した。
  • MBNスター シン・ミレ記者 / 写真=MBNスターDB | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-06-05 10:51:00