「キム秘書がなぜそうか」1話から笑いの連続で高視聴率…パク・ソジュンはラブコメのブルドーザー

「キム秘書がなぜそうか」1話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

初回から比較のできないインパクトだった。『キム秘書がなぜそうか』が初放送からコミカルさと特別なキャラクターたちで視聴者たちの笑いを誘った。特にパク・ソジュンとパク・ミニョンの相性と演技の呼吸が視聴者たちの心を揺さぶった。

初放送から同時間視聴率1位となり水木ドラマ市場を揺るがした。

お茶の間を愉快さときめきで染めた『キム秘書がなぜそうか』1話の視聴率はケーブル、衛星、IPTVを統合した有料プラットフォーム全国世帯基準平均5.8%、最高6.6%を記録し、ケーブルチャンネルと総合編成含む同時間帯1位を記録した。また、tvNターゲット視聴者層である20歳から49歳の視聴率は平均4.3%、最高5.0%を記録、地上波を含む全チャンネルで1位となり、お茶の間で通じたことを立証した。特にtvNターゲット視聴者層である20歳から49歳の視聴率は歴代tvN水木ドラマ初放送中で1位の記録となり、強力な突風を予感させた。(全国世帯基準、有料プラットフォーム、ニールセンコリア提供)

去る6日に韓国で初放送されたtvNの新しい水木ドラマ『キム秘書がなぜそうか』(脚本チョン・ウンヨン、演出パク・ジュンファ)はナルシストな副会長イ・ヨンジュン(パク・ソジュン扮)に退社を宣言する「秘書界のレジェンド」キム・ミソ(パク・ミニョン扮)と彼女の退社を防ぐために「プロポーズ」をするイ・ヨンジュンの姿が描かれて平凡ではない退社をかけたロマンスの開始を知らせた。

自分の姿に酔いしれるナルシストのイ・ヨンジュンにまったく動揺せずに対応する特級の調教術を見せた秘書キム・ミソの姿が公開され、彼らの関係に好奇心が生れた。また笑顔で退社宣言をするキム・ミソと、動じないふりをしながらも夜に眠れないイ・ヨンジュンの姿は、ときめきに始動をかけた。

以後、イ・ヨンジュンは特級の昇進から私費による自宅の贈り物まで、破格の待遇を提案した。しかし、キム・ミソは断固として拒絶の意思を明らかにした。キム・ミソは「誰かの秘書でも、家計に責任を持つ家長でもないただのキム・ミソの人生を見つけたい」と退社の理由を明らかにし、イ・ヨンジュンの心をかき乱した。特別休暇をもらって幸せそうなキム・ミソと苦悩するイ・ヨンジュンの姿は劇的なコントラストを成した。キム・ミソにだけすべてのことを許してきたイ・ヨンジュン。彼は「キム秘書はあくまでキム・ミソだ」と他の女性と違うということを親しいパク・ユシク(カン・ギヨン扮)に話して、ときめきを誘った。

キム・ミソは「もう29歳なのに、恋愛もして結婚もしなくてはいけない」と退社後の計画を明らかにしたが、予期せぬ答えにイ・ヨンジュンは戸惑いを隠せなかった。イ・ヨンジュンは「俺に内緒で会っていた奴でもいたのか?」と嫉妬をしているような姿を見せた。特にイ・ヨンジュンの終身雇用の保障という的外れな提案にカッとしたキム・ミソは「それはもっとイヤです。副会長を一生支えながら寂しく年を取れという話ではないですか」と声を高めた。キム・ミソの回答に恋愛について知らないイ・ヨンジュンは唐突にお茶の間を揺るがすストレートな提案をした。とても真剣な表情で「仕事を続けろ。このイ・ヨンジュンが結婚してあげよう」と突然のプロポーズをしたもの。果たしてキム・ミソがどんな答えをするのかが関心を集める一方、キム・ミソの退社を防ぐためにプロポーズまでしたイ・ヨンジュンの考えにも関心が集まっている。

このように『キム秘書がなぜそうか』は初回からイ・ヨンジュンとキム・ミソの退社をめぐる駆け引きのスタートを知らせた。特に9年間一緒にいた2人だからこそ、いつでもハートに火が付く火種があることが明らかになり、絶妙なときめきを誘い、恋愛知識ゼロのイ・ヨンジュンと恋人いない歴=年齢のキム・ミソのロマンスがどのように進むのか好奇心を刺激した。

何よりも、ラブコメをブルドーザーのように導くパク・ソジュンの演技が女心を鷲掴みにした。「眩しくないか、俺から出てくるオーラ」、「俺の勝負欲を刺激するな」、「ヨンジュン、お前というやつは」などナルシシズムで固まったセリフと自らに対して三人称を使うセリフなどを自然と消化するパク・ソジュンの姿は見ているだけでも笑みをこぼれさせる。

彼はギリギリのラインで可愛くてキザなナルシストを完成させた。完璧でも隙が隠れているナルシストの姿を可愛く演出しつつも、セクシーさも逃さない「ラブコメのブルドーザー」の威厳をしっかりと確認させた。

初放送以来、様々なSNSとオンラインコミュニティでは「久しぶりに面白いドラマが!」、「パク・ソジュンの演技とキャラクターの相性が抜群。笑わせるのにときめかせる。駆け引き上手」「パク・ミニョンの美貌、これ実話?オフィスファッションも素敵」、「ウェブ漫画を読んだ人として、2人ともよくやった!次回もリアルタイム死守!」、「本当に面白い。久しぶりに笑顔になるドラマ」、「パク・ソジュンがとても可愛い。演技力はさすが」など好評が続いた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2018-06-07 08:37:50.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved