入隊した2PM Jun.K、手術後の顎に麻痺症状


2PMのJun.K(本名キム・ミンジュン)の右顎に麻痺症状が現れていることが分かった。

7日、あるメディアによるとJun.Kは最近、江原道にある新兵教育隊で訓練を受けているときに顎に異常を感じ、右顎の神経が麻痺して苦しんでいることを伝えた。

先立って彼は入所前の去る4月、ソウル市江南にある病院で顔面手術を受けた。手術の後遺症なのか訓練の間に発生した事故なのかはまだ明らかになてちない。

軍服務中には再手術が難しく、現在軍生活に適応しつつ国軍病院の外来診療などを調べていると伝えられた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2018-06-07 10:18:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved