「躁うつ病」チャン・グンソクの正直な告白に応援の拍手を


俳優チャン・グンソクが「躁うつ病」を理由に4級兵役判定を受けて16日に入所後、社会服務要員として2年間の代替服務を行う。自らの病気を勇気を出して告白したチャン・グンソクに多くの人々が応援の拍手を送っている。

チャン・グンソクの所属事務所Tree J カンパニーは6日、「チャン・グンソクは兵務庁身体検査で『双極性障害(躁うつ病)』の理由で4級兵役判定を受け、7月16日に入所後、兵役の義務を履行することになった。これにより社会服務要員として2年間の代替服務を行う予定だ」とチャン・グンソクの入所ニュースを知らせた。

続いて「チャン・グンソクは去る2011年に大学病院で初めて『双極性障害』の診断を受けて以来、施行されたすべての再身体検査で再検査対象の判定を受けてきた。この過程において俳優側の入隊延期要求はなく、兵務庁の再検査要求を誠実に履行してきた。そして最近、4級社会服務要員の召集対象として最終兵役処分を受けた」と病名と4級兵役判定を受けた理由を説明した。

2日、あるメディアはチャン・グンソクが19日に入隊すると報道した。このメディアはチャン・グンソクが身体検査で4級判定を受けて社会奉仕要員として代替服務することになるだろうと伝えて、インターネットを熱くした。これに対してチャン・グンソクの所属事務所側は「正確な日付が決まり次第、公式立場を明らかにする」と立場表明を避けてきた。

個人にとって致命的にもなる理由を公開した理由は何だろうか。所属事務所側は「身体等級の理由は個人情報に該当する。俳優の健康状態を明らかにすること自体が慎重になる部分」とし「しかし、チャン・グンソクはファンたちの関心で成長し、愛により存在していることをよく知っている。このため極めて個人的な問題であっても大衆に明確に開示することが責任であり、道理だと考えた」と説明した。

チャン・グンソクは所属事務所を通じて「『双極性障害』を克服するために最善を尽くし、その過程で後遺症を経験しながらも本人自らバランスを見つけようとしたが、満足な結果を得られず申し訳ない」と申し訳ない気持ちを伝えた。

発表以来、多くのネットユーザーたちはチャン・グンソクに応援の声を送っている。「難しい告白だったろうに正直に明かすなんてすごい」、「本人も治療のために先送りにして遅れたようだ。無事に行ってきてほしい」、「本人の病気を明らかにすることもつらかっただろうに。応援してあげたい」などの反応を見せた。

1987年生まれ、今年で32歳のチャン・グンソクは遅れた入隊による疑問を自ら解決した。隠そうと思えば隠すことのできる問題だったが、大衆に自分の病名を率直に告白した。「どのような職務を引き受けたとしても責任感を持って誠実に臨む」というチャン・グンソクの勇気に多くのネットユーザーが応援の拍手を送っている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2018-07-06 16:00:41.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved