「ミスター・サンシャイン」、「トッケビ」の記録塗り替える怪物ドラマが来る


『ミスター・サンシャイン』は『トッケビ』、『太陽の末裔』、『シークレット・ガーデン』につぐヒット作となれるか。キム・ウンスク作家、イ・ウンボクPDをはじめ、俳優イ・ビョンホン、キム・テリ、ユ・ヨンソク、キム・ミンジョン、ピョン・ヨハンなどが集結した下半期最高の期待作『ミスター・サンシャイン』がついにその姿を現す。

『ミスター・サンシャイン』は辛未洋擾(1871年)の時に軍艦に乗船して米国に渡った少年がアメリカ兵士の身分で自らを捨てた祖国である朝鮮に戻ってきて駐留し、繰り広げられる出来事を描いたドラマだ。

特に『シークレット・ガーデン』、『太陽の末裔』、『トッケビ』などを執筆したキム・ウンスク作家と、ヒット作を生み出してきたイ・ウンボク監督が『太陽の末裔』、『トッケビ』に続いて3度目にタッグを組んだ作品として制作段階から話題を集めた。

制作規模も話題だった。

『ミスター・サンシャイン』の制作費は約430億ウォンで、歴代級のスケールを誇る。歴史的な雰囲気をそのまま再現するためにその時代のセット場を制作した。

特に『ミスター・サンシャイン』のキム・ウンスク作家は執筆した作品ごとに空前のヒットを記録してきた。前作である『トッケビ』はケーブルチャンネルという限界にもかかわらず20%の視聴率を突破する気炎を吐いた。『トッケビ』の前作である『太陽の末裔』は平日のドラマであるにもかかわらず30%の視聴率を突破した。

歴代級のスケールで話題を集めたが、多数のハリウッド映画に出演してワールドスターに生まれ変わった国民俳優イ・ビョンホンの出演の便りで再び話題を集めた。

イ・ビョンホンはKBS2『IRIS -アイリス-』以来、9年ぶりのテレビドラマ復帰作として『ミスター・サンシャイン』を選択した。

『ミスター・サンシャイン』は視聴者の前に出撃する準備を完璧に終えた。果たしてキム・ウンスク作家の新作『ミスター・サンシャイン』が『トッケビ』が立てたtvNの過去最高視聴率20.5%の記録を塗り替えて新しい歴史を作り出すのかが注目される。

全24部作で構成されたtvN土日ドラマ『ミスター・サンシャイン』は『無法弁護士』の後続として7日土曜日の夜9時に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真
  • 入力 2018-07-07 07:01:03.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved