「止めたい時間:アバウトタイム」最終回あらずじ イ・サンユン&イ・ソンギョン、寿命時計の悲劇を乗り越えハッピーエンド

「止めたい時間:アバウトタイム」16話(最終回) 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『止めたい時間:アバウトタイム』でイ・サンユンとイ・ソンギョンが寿命時計の悲劇を乗り越えて愛の実を結んだ。

10日、放送されたtvN月火ドラマ『止めたい時間:アバウトタイム』16話でイ・ドハ(イ・サンユン)とチェ・ミカ(イ・ソンギョン)が永遠の愛を約束する姿が描かれた。

無事にミュージカル舞台を終えた後、イ・ドハとヨリを戻したチェ・ミカは眠りから覚めた後、手首にある寿命時計が速い速度で増えていることを発見して驚愕した。イ・ドハの寿命を奪っているという意味だからだ。チェ・ミカはイ・ドハの前では努めて平気なふりをしたが、結局は逃げてしまった。

チェ・ミカは自分のように寿命時計を見ることができるオ・ソニョ(キム・ヘスク)を訪ねた。チェ・ミカはオ・ソニョの田舎の家に滞在することに決めた。イ・ドハはチェ・ミカの居場所を探し回った。

チェ・ミカは友達チョン・ソンヒ(ハン・スンヨン)を訪ね、家族をお願いすると言って最後の別れを告げた。チェ・ミカの母親のチン・ラフイ(ナ・ヨンヒ)はチョン・ソンヒを介してチェ・ミカの余命を知って嗚咽した。

チン・ラヒはイ・ドハを訪ね、チェ・ミカを救ってほしいと懇願した。イ・ドハはチェ・ミカを見つけた。チェ・ミカはイ・ドハを見て逃げた。2人は最終的に車にひかれ倒れた。

2人に奇跡が起こった。2人は一命を取りとめてチェ・ミカは、もう寿命時計を見なくなった。

チェ・ミカは「寿命時計が見れて良かった点もある。最善を尽くして1日1日、感謝して生きることができた。ただ過ぎていく大切な瞬間を幸せに過ごすことができた。そして何よりも、時計のおかげであなたに会うことができた。このすべてが奇跡だ」と告白した。

イ・ドハは「何があってもチェ・ミカ守ると約束したがないか」と言った。イ・ドハはチェ・ミカとのデートで「今よりも一生懸命、最善を尽くして愛さないければいけない」と決めた。

一方、『止めたい瞬間:アバウトタイム』の後続作には、ユン・ドゥジュンとペク・ジニが出演する『ゴハン行こうよ3:ビギンズ』が16日、韓国時間の夜9時30分に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥディ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2018-07-11 07:01:01.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved