EXOディオ初の時代劇「100日の郎君様」、朝鮮の王世子イ・ユルのスチールカット公開


tvN『100日の郎君様』を通じて時代劇に初めて挑戦するディオの「王世子(王位を継ぐ王子)」スチールカットが電撃公開された。誰もが待ち望んだハイクラスのビジュアルが視線を集める。

tvNの新しい月火ドラマ『100日の郎君様』でディオが演技するイ・ユルは優れた容貌に文武まで兼ね備えた朝鮮の完全無欠の王世子だ。乱れのない完璧主義として育ち、宮の中には彼を好きな人がほとんどいない。しかし刺客の攻撃を受けて記憶を失ったユルは自分も知らないうちに無能で無用な男ウォンドゥクに転落する。

そして王世子時代に自分が下した「この国の怨女(結婚適齢期を過ぎた女性)と曠夫(結婚適齢期を過ぎた未婚男性)を婚姻させろという命」に基づいて怨女のホンシムと望まない婚姻をすることになる。

10日に公開されたスチールカットには、王世子イ・ユルの姿がおさめられた。1日に数十回「不通」を叫んで内官と宮女たちはもちろん、文武百官まで緊張させる強硬な王世子のユル。しかし、宮内を一人で歩いている彼の顔には冷たく厳しい普段の姿はなく、孤独と空虚が感じられて誰にも言えない彼の本音が関心を集める。

このように、すべてが完璧に見えるユルの姿は記憶を失って突然、無用なウォンドゥクになってホンシムと描き出す話も好奇心を刺激する。宮で完璧だったが瞬く間に薪割りもできない役に立たない存在となりながらギャップの魅力を披露する予定だ。特に王世子時代、自らが下した命のためにホンシムと夫婦の縁を結ぶことになるが、これを覚えていないことも面白いポイントの一つだ。様々なキャラクターを演じながら自分だけのカラーを着せてきたディオが『100日の郎君様』の中で両極端なキャラクターをどのように演じていくのか期待される理由もここにある。

制作陣は「イ・ユルとウォンドゥクは正反対の状況に置かれているキャラクターだ。ディオのしっかりとした密度の高い演技力が2人の人物の差を確実かつ興味深く表現した」と伝え、「王世子ユルを通して時代劇の楽しさを、ホンシムと夫婦の縁を結ぶウォンドゥクを通じてロマンスのときめきをすべて感じることができだろう」と付け加えた。また、「初めての時代劇挑戦であるという事実が信じられないほどユルとウォンドゥク、2人のキャラクターを完璧に消化したディオの演技変身を期待してほしい」と伝えた。

『100日の郎君様』は完璧無欠な王世子イ・ユルから突然無能な男に転落したウォンドゥクと朝鮮最高齢の独身女性ホンシムの前代未聞の100日ロマンス時代劇だ。仮想の朝鮮時代を背景に、ロマンスコメディの甘さと楽しみはもちろん、すべてを備えたtvNの期待作に熱い関心を受けている。来る9月10日夜9時30分初放送。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨヌン記者
  • 入力 2018-08-10 09:10:11.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved