防弾少年団、韓国で文化勲章の候補に…歴代最年少


グループ防弾少年団が韓国で文化勲章の候補になった。

防弾少年団は先月31日、文化体育観光部が発表した2018年大韓民国大衆文化芸術賞賞推薦文化勲章候補者名簿に名前を載せた。

防弾少年団をはじめ劇団代表キム・ミンギ、歌手の故チョ・ドンジン、俳優イ・スンジェ、キム・ヨンオク、キム・ヨンチョル、イム・ハリョン、声優イ・グンウク、CUBEエンターテイメント代表取締役シン・デナム、韓国放送作家協会顧問キム・オクヨン、韓国奏者協会キム・インベ、韓国大衆音楽人連合会専門委員キム・ジョンテクが候補になっている。

過去最年少候補となった防弾少年団について文化体育観光部は「国内活動はもちろん、日本、アメリカをはじめとする海外の音楽市場で認められて韓流の発展に貢献した。メンバーのほとんどが作詞・作曲の能力を備えているシンガーソングライターアイドル」と評した。

これに先立ち防弾少年団は去る2016年に大衆文化芸術賞長官表彰を受けたことがある。

以来、彼らはビルボード・ミュージック・アワードのトップソーシャルアーティスト部門2連覇、ビルボード200 1位、ビルボードホット100 TOP10という輝かしい成績を記録してきた。最近までビルボード200チャートに11週連続でチャートインするなど韓国歌手初の記録を作り続けている。

彼らは25と26日、ソウル市蚕室(チャムシル)総合運動場主競技場で開かれる「LOVE YOURSELF」ツアーを皮切りに、北米、ヨーロッパ、日本など16都市33回公演を確​​定した。また10月には韓国歌手としては始めて米国でスタジアム公演を行う。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2018-08-10 09:19:18.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved