「空から降る一億の星」ソ・イングク&チョン・ソミン&パク・ソンウンのメインポスター公開


『空から降る一億の星』でソ・イングク、チョン・ソミン、パク・ソンウンの3人のポスターとソ・イングク、チョン・ソミンの2人のポスターが初公開された。ポスターには、ソ・イングク、チョン・ソミンが繰り広げる危険なロマンスとソ・イングク 、パク・ソンウンの対立が一緒に表現された。

来る10月3日に初放送されるtvN水木ドラマ『空から降る一億の星』(脚本ソン・ヘジン、演出ユ・ジェウォン)側は11日、緊張感の漂うソ・イングク(キム・ムヨン)、チョン・ソミン(ユ・ジンガン)、パク・ソンウン(ユ・ジングク)の姿がおさめられたポスター2枚を公開した。

公開された3人のポスターの中にある「すべてを失った夜。君が降り注いだ」というコピーが注目を集める。一瞬にして孤独になったソ・イングクの人生の中にチョン・ソミンが救いのように現われたことをうかがわせ、2人の最初の出会いからどのように関係が発展するのか好奇心を刺激する。

特に互いに抱擁しているソ・イングクとチョン・ソミンの姿が目を釘付けにする。さらにソ・イングクはチョン・ソミンを自分の腕の中に抱きしめたまま、彼女の耳をふさいでいるが、誰の言葉も聴いてはならないという断固とした警告がそのまま感じられる。また、心配そうな切ない眼差しで、危機に瀕しているようなソ・イングクに抱きしめられているチョン・ソミンの姿はときめきを呼び起こす。特に2人の相反する表情は予測することができない2人の危険なロマンスを予告するとともに、最後に何が待ち受けているのかに熱い関心が集められる。

さらにソ・イングクの強烈な視線の先に不安な表情で立っているパク・ソンウンがいて、視線をひきつける。チョン・ソミンをめぐるソ・イングクとパク・ソンウンのきっ抗とした神経戦が視線を奪う。

ソ・イングクはチョン・ソミンだけは絶対に手放さないとでもいうように彼女を自分の腕の中に閉じ込めたまま無表情の冷たい目つきでパク・ソンウンを挑発している。一方、パク・ソンウンはソ・イングクの脅威に揺れながらも荒々しい目つきでソ・イングクを注視しており、今後、2人の対決がどのように描かれるのか、ソ・イングクとチョン・ソミン、パク・ソンウンがどのような縁で結ばれることになるのか関心を集める。

tvN『空から降る一億の星』の制作陣は、この「ポスターにはソ・イングクとチョン・ソミンの危険なロマンスと、ソ・イングクとパク・ソンウンのするどい対立まですべてが描かれている」とし「特にソ・イングクがチョン・ソミンの耳をふさいでいる姿が2人にどのような意味を持つのか、3人の前に繰り広げられる衝撃的な運命の幕がどのように描かれるのか、本放送で確認してほしい」と伝えた。

tvN『空から降る一億の星』は2002年に日本のフジテレビで放映された同名の日本ドラマを原作にしたリメイク作品だ。『 ナイショの恋していいですか!?』、『ああ、私の幽霊様』、『明日、キミと』のユ・ジェウォン監督が演出を引き受けてドラマ『甘い私の都市』、映画『妻が結婚した』のソン・ヘジン作家が脚本を引き受けた。

tvN『空から降る一億の星』は来る10月3日、夜9時30分に初放送予定。

  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=ドラマポスター
  • 入力 2018-09-11 09:03:46.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved