キム・ゴウン&チョン・ヘイン、チョン・ジウ監督の新作映画で共演確定


『愉悦の音楽アルバム』がキム・ゴウンとチョン・ヘインの主演を確定してクランクインした。

『愉悦の音楽アルバム』(仮題)はラジオから流れてくる歌のように偶然に出会った2人が長い時間すれ違いと出会いを繰り返し、お互いの周波数を合わせていく過程を描いた感性メロドラマだ。

劇中、チョン・ヘインは余裕のない現実にもかかわらず明るい笑顔をなくさない青年「ヒョヌ」役を引き受けて、以前の配役とは異なる新たな姿を見せる予定だ。

彼は「チョン・ジウ監督の作品はすべて好きで、ぜひ一度一緒に作業してみたかったし、『愉悦の音楽アルバム』だけの叙情的な雰囲気と物語が溶け込んだシナリオが気に入った」と新しい作品をスタートする所感を明らかにした。

チョン・ヘインと『愉悦の音楽アルバム』を完成させる「ミス」役には20代の女優として独歩的なフィルモグラフィーを築いているキム・ゴウンがキャスティングされて期待を集めている。キム・ゴウンは青春の時期を誠実に生きる「ミス」役を引き受けチョン・ヘインと偶然から運命につながる愛の物語を描いていく予定だ。

キム・ゴウンは「ときめいて期待している。観客と一緒に共感できる1本の美しい映画を作っていくことができるように最善を尽くしたい」と抱負を明らかにした。

チョン・ジウ監督は「今のままの姿でもすでに輝いている2人の俳優が会って、どんなシーンが作られるのか想像するだけでも胸がドキドキした」とし、2人の若い俳優が描き出す恋の呼吸に高い期待を表した。

『愉悦の音楽アルバム』は下半期クランクアップし、来年の公開を目標にしている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2018-09-14 08:38:21.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved