「知ってるワイフ」14話 チソン&ハン・ジミン、再びお互いの愛を確認する

「知ってるワイフ」14話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『知ってるワイフ』でチソンとハン・ジミンが再び愛を選択した。

13日に放送されたtvN水木ドラマ『知ってるワイフ』14話はケーブル、衛星、IPTVを統合した有料プラットフォーム全国世帯基準平均7.9%、最高9.3%(全国世帯基準、有料プラットフォーム、ニールセンコリア提供)を記録、水木ドラマで1位になり絶対強者の威厳を誇示した。また、tvNターゲット視聴者層である20歳~49歳の視聴率は自己最高記録の平均5.5%、最高6.4%で、地上波を含む全チャンネルで1位になり、大きな反響を呼んでいる。

この日、ソ・ウジン(ハン・ジミン)に向けたチャ・ジュヒョク(チソン)の世界で最も切実で切ない告白が描かれ、胸を熱くし感動をもたらした。

ジュヒョクとウジンは運命のように再びカヒョン支店で勤務することになった。ジュヒョクは、他支店の異動まで考慮して努めてウジンから離れようとした。それでもウジンは「今回は私があなたを救う」と言って少しも退かなかった。再び始まったジュヒョクとウジンのオフィスライフは切なさと鉄壁の間の綱を渡った。ウジンが迷惑な客に苦しんでいる時、ジュヒョクがさりげなく助けてあげたり、ウジンはジュヒョクのはずれたボタンが気になりシャツをプレゼントした。ジュヒョクがためらっている中、ブルドーザーのようにストレートにアタックするウジンは同僚の前でジュヒョクに気があると明かした。支店長まで加勢して2人を応援したが、ジュヒョクは罪悪感のせいですべての状況がつらいだけだった。飲み会の席でも続いた仲間たちの2人をくっつけようとする行動に対して思わず真顔で怒ってしまったジュヒョクにウジンは「私は私が努力すればないいんだと思っていました。チャ代理がなぜそうなのか私は知っているから。でも、私の思いだけを押し付けてしまいました」とし「本当にダメなんですか?」と、最後にジュヒョクに尋ねた。ジュヒョクの答えは同じだった。ストレートにジュヒョクに向かってアタックしていたウジンも「そんなにつらいなら私が諦めましょう。それぞれの人生を生きましょう」と苦い表情でジュヒョクの人生から背を向けた。

しかし、運命はジュヒョクとウジンの意志よりも強かった。ウジンは変わった現在でも友達になったチャ・ジュウン(パク・ヒボン)のウェディング写真の撮影を手助けすることになった。ウェディング写真の撮影当日、ウジンは乗せていってあげるというユン・ジョンフ(チャン・スンジョ)の提案を断った。ジュヒョクと一緒にいるはずだと思ったからだ。現場に向かっていたジュヒョクは突然、1度目に戻った現在で起きた追突事故を思い出した。バスを追いかけて貨物トラックとの事故を防いだジュヒョクはウジンに駆け寄り、熱く抱擁した。「ずうずうしいのは知っているけど…ダメだってことも知ってるけど、1つだけ確かなこと、僕はあなたをとても愛している」と言うジュヒョクの熱い告白にウジンも笑顔で答えて感動をプレゼントした。「僕があなたを幸せにしてあげる。その約束を必ず守る」と言うジュヒョク。新たに始まった現在でジュヒョクとウジンはさらに固い絆を結んだ。

巡り巡ってお互いの元に戻ったジュヒョクとウジンのifロマンスは爽快なときめきを見せた。お互いのために離れることを選択したにもかかわらず、運命は同じ方向に流れていた。

ウジンに向けたジュヒョクの切実で切ない告白をするエンディングはときめきが溢れて視聴者の胸をいっぱいにした。「リセット」された過去と現在を繰り返し、お互いの大切さを知っているジュヒョクとウジンの告白は放送終了まであと2回を残し、ときめきと切ない感情線を最高潮に盛り上げた。愛を確認した後、ジュヒョクとウジンのifロマンスは果たしてどうなるのか?また、どんな新しい運命を迎えるのだろうか?

一方、tvN水木ドラマ『知ってるワイフ』待望の最終回は、来る19日(水)、20日(木)、韓国時間の夜9時30分に15、16回が放送される。
  • 毎日経済 スタートゥディ シン・ヨンウン記者 / 写真=tvN
  • 入力 2018-09-14 08:39:14.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved