KARA出身ク・ハラが交際相手を暴行? 現場の防犯カメラ映像が公開


ガールズグループKARA出身のク・ハラ(27)が同い年の恋人を暴行した容疑で告訴された中で、現場の防犯カメラの映像が公開されて注目を集めている。

ソウル江南警察署によると、ク・ハラの交際相手として知られているヘアデザイナーのA(27)は13日午前3時30分、ソウル市江南区論峴洞にあるク・ハラの自宅でク・ハラが自分を暴行したと通報した。

Aは自分が別れを告げるとク・ハラがこれに激怒して自分を暴行したと明らかにした。しかしク・ハラ側はAさんが先に自分を蹴る暴行を加えたとして、双方の暴行を主張している。

双方の意見が対立する中で事件当時の防犯カメラの映像が公開されて注目を集めた。

この日、チャネルAは事件当時に警察がク・ハラの自宅近くのを捜索して家の中に向かうエレベーターの中の防犯カメラの映像を公開した。映像には申告を受けて出動した警察がク・ハラの家に向かう姿があり、ク・ハラとAの姿は確認できない。警察関係者は「交際相手は警察に来て陳述をしたが、ク・ハラさんは出てきていない」と当時の状況を説明した。また「暴行の程度は引っ掻いたり、足をひねる程度だった」とし「まずは双方が暴行したと見ている」と付け加えた。ソウル江南警察署はク・ハラとAに早期に出席を求めて調査する方針だ。

一方、ク・ハラの所属事務所のコンテンツYは今回の事件について「ク・ハラは最近スケジュールがなく、担当者と連絡がつかない状況だ。本人に確認をして立場を整理する」とだけ明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チェ・ジウォン インターン記者 / 写真=チャンネルA放送画面キャプチャ
  • 入力 2018-09-14 09:29:56.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved