防弾少年団ジョングクが負傷…英コンサートのエンディングで涙


グループ防弾少年団のジョングクが負傷によりワールドツアーのロンドンでのステージで振り付けなしで登場することになった。

10日、所属事務所Big Hitエンターテインメントは公式ツイッターを通じて「ロンドン LOVE YOURSELF コンサートに出演予定だった防弾少年団のメンバージョングクが公演を進行するのに一部支障がある」と明らかにした。

Big Hitエンターテインメント側は「ジョングクは約2時間前、リハーサル、サウンドチェックを終えて会場内の待合室で軽く体をほぐしていたときに踵を家具にぶつけて大きく裂ける負傷をした」とし「緊急医療チームが会場に出動して診療した後、傷口を処置した。医療スタッフは大きな怪我ではないが、負傷部位が出血する可能性があり、本日の公演では振り付けを進行するべきではないという所見を伝えた」と伝えた。

この日、ジョングクは傷口に問題が発生しないよう、椅子に座ってダンスをせずに公演を行った。負傷しても闘魂によりジョングクは全ステージを消化したが、公演末尾にこらえていた涙を流した。

ジョングクはエンディングのコメントで「今日、本来は英語でコメントを準備していたが、突然の出来事により本心から話をするために韓国語で話すことになった」とし「期待を本当にたくさんしてきたのに、どうしても舞台の上で本当に幸せにしてくれたから…今日のことを経て、二度とこうしたことが起こらないようにすると約束する」と明らかにした。

ジョングクの言葉にファンは韓国語で「大丈夫」を連呼してジョングクをなぐさめた。これにジョングクはこらえていた涙をあふれさせ、ファンを切なくさせた。

防弾少年団は9月からLOVE YOURSELFの海外ツアー中だ。最近、韓国歌手としては初めてニューヨーク・メッツの本拠地シティ・フィールドでの公演を盛況裡に終え、ロンドン、パリ、ベルリンなどヨーロッパツアーに突入した状態だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2018-10-10 09:15:07.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved