コン・ユ、「建築学概論」監督の新作に出演確定


俳優コン・ユが映画『建築学概論』のイ・ヨンジュ監督と会う。

『徐福(ソボク)』(仮題)側は11日、コン・ユが元情報局要員のキホン役で出演を確定したと発表した。

『徐福』は死を目前に控えた元情報局要員のキホン(コン・ユ)が永遠の命の秘密を持つ人類初のクローン人間のソボクと、彼を手に入れようとする複数の勢力の追跡のなかで危険な旅を開始しながら繰り広げられる出来事を描いた作品だ。

『サスペクト 哀しき容疑者』、『新感染 ファイナル・エキスプレス』、『密偵』など様々なジャンルでスタイリッシュな魅力を披露してきたコン・ユがtvN『トッケビ』以来、2年ぶりに次期作を確定して関心を集めている。コン・ユは『徐福』で余命宣告を受けた情報局要員のキホン役を引き受けて新たな魅力を披露する見通しだ。

一方、イ・ヨンジュ監督の新作『徐福』は追加キャスティングを終えて2019年上半期クランクインする。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2018-10-11 08:52:01.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved