2PMチャンソン、韓国ファンミが大盛況…ニックン&ジュノが応援駆けつける


2PMチャンソンが韓国初の単独ファンミーティングを熱い歓声のなかで盛況のうちに終了した。

チャンソンは27日午後1時と6時の2回に渡り、ソウル市江南区大峙洞にあるKT&Gサンサンマダン大峙アートホールで「MUSIC bless you」というタイトルで韓国国内初の単独ファンミーティングを開いた。

今回の「MUSIC bless you」はチャンソンがラジオDJに変身して全体的な企画、アイデア、舞台構成など多岐にわたって直接参加したファンミーティングで、より意味が深かった。

チャンソンはファンミーティングを1回につき5部で構成して、多彩なコーナーを披露した。リアルタイムオープンチャットルームを開いてファンたちと楽しい思い出を共有し、各コーナーのテーマに合ったファンの便りを読んで共感した。また、ゲームを介して歌唱曲を決定する特別な楽しみもあった。

この日、チャンソンは『Good Man』、『夏より熱い君』、『Treasure』、『Fireworks』、『Hot』、『Do not Stop Can not Stop』などのソロ曲と2PMのヒット曲だけでなく、本人が出演したミュージカル『SMOKE』のナンバーまで含めて計14曲を披露し、3時間以上のコンサートに匹敵する熱気で会場を埋め尽くした。

特に、今回のチャンソンのファンミーティングにはメンバーのニックンとジュノがサプライズで登場して格別な友愛を誇った。

ジュノは「義理を除けば死体同然の『義理の2PM』、僕はファン・チャンソンの友人イ・ジュノです」と紹介して登場し、観客の歓声を浴びた。またニックンは『Heartbeat』の舞台で突然登場してチャンソン、ジュノとサプライズパフォーマンスを披露した。3人のメンバーは『Heartbeat』の活動時に着てい舞台衣装を着てカリスマあふれる振り付けを披露し、ファンを喜ばせた。

チャンソンは「今日、僕と一緒に過ごしてくれて心から感謝します」とし、「2PMはファンの皆さんがいるなら、いつまでも永遠です」とファンたちに心からの気持ちを伝えた。

一方、チャンソンは去る9月12日、日本東京の中野サンプラザでソロファンミーティングツアー「DJチャンソンのお茶目なミュージックキャンプ」の幕を上げ、16日の大阪オリックス劇場を最後に全2都市4公演のツアーを成功させ、現地でもソロアーティストとしての高い人気を立証している。

  • O2CNI / 写真=JYPエンターテイメント提供
  • 入力 2018-10-29 10:44:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved