2PMチャンソン、初の悪役…「だから私はアンチファンと結婚した」で見せる演技に注目


『だから私はアンチファンと結婚した』で初の悪役に挑戦する2PMチャンソンの輝くカリスマが女性たちの視線を奪った。

半事前制作ドラマ『だから私はアンチファンと結婚した』(脚本ナム・ジヨン、キム・ウンジョン/演出カン・チョルウ/制作㈱god in MEDIA)は世界的なK-POPトップスターのフ・ジュン(チェ・テジュン)と彼のアンチファンの烙印を押された雑誌記者イ・グニョン(スヨン)のロマンチックコメディを描いたドラマだ。

劇中、ジェイジェイ(2PM チャンソン)は財閥家の息子でシュピゲンエンターテインメントの代表としてフ・ジュン、オ・イニョン(ハン・ジアン)と一緒に練習生生活を送った人物だ。しかし、フ・ジュンが所属事務所の期待の星だった自分を差し置いてスポットライトを浴びると彼の名誉と愛を奪うために彼を陥れようとする。

公開された写真の中のチャンソン(ジェイジェイ役)はダークなイメージのジェイジェイに変身して圧倒的なオーラを発散し、視線を奪う。特に、火花が燃えるような眼差しと女心を揺さぶるすっきりとしたスーツ姿で女性をときめかせる。

佇まいから格別な彼がフ・ジュンとイ・グニョンのロマンスの間で見せる活躍に注目が集まる。何よりも、彼が持っている致命的な魅力が視聴者たちをとりこにして心拍数を引き上げるだろう。

制作会社の関係者は「チャンソンは『だから私はアンチファンと結婚した』を通じて初めて悪役として視聴者と出会う。瞬く間にドラマの雰囲気を変える特別な存在感を確認することができるだろう」とし「今まで見たことがない彼の新しい変身とジェイジェイのキャラクターにも多くの関心を持っていただければ嬉しい」と付け加え放送への期待を高めた。

新しいロマコメの誕生を予感させる半事前制作ドラマ『だから私はアンチファンと結婚した』は現在、撮影の真っ只中だ。ハリウッドの主要スタジオの「ワーナーブラザースコリアテレビプロダクション」が投資と共同制作社として参加して、北中米ですでに選考販売が完了しており、国内のテレビ編成に合わせて160か国に同時放送される予定だ。
  • MBNスター ソン・ジナ記者 / 写真=㈱god in MEDIA
  • 入力 2018-11-16 10:40:36.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved