C-JeSエンタ、美容サロンへのパワハラ報道に反論「一方的な要求に脅迫も」


C-JeSエンターテイメント(以下C-JeS)が美容サロンへのパワハラ報道と関連して反論を行った。

C-JeSは3日、「当社が意図的に取引代金の支払いを遅延したかのように報道しているが、全く事実と異なる」とし「すでに長い間、ザレッドカーペット(院長カンホ)に対してすべての代金を決済完了してきた」と明らかにした。

それとともに「そんな中、ザレッドカーペット側からの決済要求や証明資料の提供が2013年から遅れ、これに当社は継続的に数十回にわたって要求を行ってきたが、カンホ院長は当社の再三の要請にも関わらず連絡が取れない状況を繰り返し、当社の要求を拒否し続けてきた」とし「2018年4月頃、第3者名義で2013年から2016年までに発生したヘアメイクの費用を一度に請求してきたが、具体的な取引の詳細や証拠もなしに一方的に作成された請求書を見て無条件に支給しろという内容だった」と説明した。

続いて「当社は具体的な取引の詳細を教えてほしいという要請を数回にわたって要求したが、むしろ『記事が出ればアーティストに傷がつくからお金を払え』と数回にわたり脅迫をし、これにより記事が報道されることになったもの」とし「当社は現在まで外部業者との取引において支払いを遅延したり、故意に拒否した事実は全くない。20カ所以上のヘアメイク美容サロンと商取引をしており、これまで請求された金額を支給していない事例は一度もないと申し上げる」と付け加えた。

3日、カンホ院長はソウル新聞とのインタビューを通じて「C-JeSとSTARSHIP、CUBEなどの大型芸能企画社が美容代金を支払ってくれず、経済的な苦痛があまりにも大きい」とし「国税庁に税金の6億ウォンを払えず美容サロンも差し押さえられ、来月には美容室を廃業することになった」と明らかにした。

特にC-JeSに向かって残念な心境を強くを吐露し、「ペク・チャンC-JeS代表が『助けてほしい』と要請して2年以上、お金もほとんど受けとらずに美容の仕事を引き受けてきた」とし「2016年8月に美容代金の問題を解決するためにC-JeSの会計理事などに会った。当初の要求額は12億3000万ウォンだったが、企画会社が割引を要請してきて9億1000万ウォンだけを受けることに合意したが、C-JeSが今年6月に内容証明を送ってきた。債権消滅時効が過ぎたためお金を支払う義務がないという内容だった」と主張した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2018-12-03 10:33:12.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved